日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーのj2を知っていますか?

日本のサッカーリーグにはj1・j2・j3の3部構成となっています。j3からj2、そしてj1と試合の勝敗によって変わってきます。日本のサッカーリーグについてまとめました。

サッカーのj2を知っていますか?

日本プロサッカーリーグとは?

日本プロサッカーリーグはJリーグとも言われています。1993年の発足当初は10クラブだけでしたが、2014年には三部制になり2016年にはj1からj3合わせて53クラブによって構成されています。

サッカーj1の構成とは?

日本国内に拠点を置くサッカークラブチームの中でj1に属しているのは18クラブです。基本的に試合は土曜日に行われていて、多くのサッカーファンが応援に訪れます。また、6月下旬から9月上旬までは全試合がナイトゲームになるためいつも違った雰囲気の中サッカー観戦を楽しむことができます。

サッカーj2の構成とは?

j1同様、日本国内に拠点を置くサッカークラブチームでj2に属しているのは22クラブです。原則として試合は日曜日開催で、j1の試合や日本代表戦と試合が重ならないように日程を組んでいます。またj1同様6月下旬から9月上旬まではナイトゲームになります。

サッカーj3の構成とは?

j1、j2同様j3も日本国内に拠点を置くサッカークラブチームが属しています。クラブ数は13クラブと三部構成の中で最も少ないです。試合は三回総当たり戦で基本的にデーゲームです。また6月から8月のデーゲームは15時以降の開催となっています。

j2の加盟クラブチームとは?

j2に加盟しているクラブチームは2016年現在22クラブです。ジェフユナイテッド千葉や東京ヴェルディ、清水エスパルスなどの有名なクラブチームも属しています。j1、j2の入れ替え戦によって毎年加盟するチームが変動します。

j1からj2への入れ替え制度

1999年の二部制移行に伴って入れ替え制度が導入されてj1からの降格、反対にj2からの昇格ができるようになりました。2014年からj3が発足し、j2からj3への降格、反対の昇格も実施されました。その年の成績がj1で最下位だった場合、翌シーズンはj2降格、逆にj2で1位だった場合、翌シーズンはj1に昇格になります。入れ替え制を導入したことで選手の士気が上がりサポーターの応援にも熱が入るようになりました。

j1、j2、j3のそれぞれの待遇

j3よりはj2、j2よりはj1とサポーターの数はもちろん、収入も全然違ってきます。また選手の練習環境やその他待遇についても歴然の差があります。なので選手たちはクラブチームが強くなるために、ランクを上げるために毎日厳しい練習に励んでいます。

毎日の練習が素晴らしいプレーに

サッカー選手は毎日厳しい練習をしてそれが素晴らしいプレーに繋がります。またそのプレーは全国のサポーターに感動を与えます。選手の皆さんを精一杯応援してサッカー観戦を楽しみましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます