日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーはオシャレに!機能性だけでなくオシャレな服装をチョイス!

スキーは冬のレジャーの代名詞!ゲレンデで恋を満喫できるように、スキーの服装は機能性だけでなくオシャレに気を使いたいものですよね。デザイン性にも優れた服装選びでスキーを満喫されてください。

スキーはオシャレに!機能性だけでなくオシャレな服装をチョイス!

スキーでオシャレを演出するなら小物を

スキー場でオシャレを演出するなら、スキーウェアだけでなく小物にもこだわりましょう。小物でオシャレを演出するなら、帽子とサングラスは欠かせません。貴方の服装にプラスしてみては如何でしょうか?特に、帽子は吹雪いてないスキー場でも重宝するアイテムです。

スキー場までの服装も考慮しよう

スキー場までいく服装も意外に悩まれる方が多いのではないでしょうか。ゲレンデのウェアを買うだけでなくインナーもしっかり用意をしましょう。雪山初心者は、とにかく暖かくしておく必要があります。見えない部分のオシャレですが、スキーにはヒートテックやレギンスは欠かせません。

アルペン・レーシングタイプの服装

スキーウェアには大きく分けて4つの種類が存在します。そのひとつが、「アルペン・レーシングタイプ」になります。これは、レース競技用で用いられるケースも多く、ブーツを履いたまま着脱できるメリットがあります。防寒性・防雪性に優れた服装です。

フリーライドタイプの服装

スキーよりスノボで有名なタイプの服装です。フリースタイル用に作られたウェアですので、動きやすくゆったりしたシルエットが印象的です。このフリーライドタイプのウェアは、足元にエッジガードのないものもありますので、購入する際は必ず確認しましょう。

定番!デモタイプの服装

選択肢も多く、カラーバリエーションも豊富なウェアならデモタイプに決まりです。滑走時に美しく見えるシルエットを大事にしてますので、一般的なスキーヤーならこのタイプがオススメです。携帯ホルダー、財布用のポケット、リフト券ホルダーも付いているので機能性もバッチリです。

バックカントリータイプの服装

ゲレンデ以外の林間などを滑走するのに作られたタイプのウェアです。整備されたスキー場以外で使えるウェアだけあって、防寒・防雪・防水・など多くの面でハイスペックを持っています。高価なものが多いのですが、耐久性もあるので一着購入してしてしまえば何年も使えます。

スキーの服装はサイズも大事

スキーウェアは大きく分けて4種類あると言いますが、サイズも重要になってきます。サイズは大まかな記載があっても必ず試着して購入するようにしましょう。大き過ぎても、小さ過ぎても、ダサくなってしまいます。オシャレに気を遣うならデザイだけでなく、サイズ選びも大事です。実際に試着したら、上下でサイズが違うという例も多くあります。

スキーの服装は機能性もデザインも

スキーは、雪山でのスポーツになりますので機能性は最も重要視されてください。暖かく雪もしっかり防げることが絶対条件です。その上で、オシャレを演出されてください。お気に入りのウェアにお気に入りの小物でゲレンデを満喫されてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます