日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーを始めよう!スキーの持ち物

これからスキーを始めたい人は、スキー道具は現地でレンタルするにしてもスキー道具以外の持ち物はどうすればいいの?と思われると思います。そんなスキー初心者のあなたに、スキーに持っていく持ち物をご紹介いたします。

スキーを始めよう!スキーの持ち物

スキーの持ち物・ウェア編

スキー道具はレンタルをするにしても、スキーウェアは購入する方も多いと思います。スキーウェアも現地でレンタル可能ですが、かっこいい・可愛いスキーウェアのレンタルは少ないです。別にレンタルでいい。という方でもスキーの専用グローブ(手袋)は用意しましょう。

スキーの持ち物・小物編
1

スキーの専用グローブ(手袋)以外で必要なのは、帽子です。雪の中で行うスキーでかぶる帽子は防寒のためです。髪型で耳がでてしまうかたは、耳まで覆うものを選びましょう。しもやけ、凍傷を防ぎます。ほかには、ゴーグルが必要です。転倒しやすい初心者にサングラスは危険です。メガネをかけて使用できるゴーグルも販売されています。

スキーの持ち物・小物編2

スキー場で必要な小物は、ハンカチまたは、ティッシュです。寒さで鼻水が出ることがあります。乾燥しますので、リップクリームも必要です。日中は、雪の照り返しで日焼けしますので、日焼け止めも必要です。あとは、休憩の時に飲み物やお菓子を購入するために小銭入れがあればいいです。これらのものは、スキーウェアのポケットに収納します。

スキーの持ち物・インナー編

スキーウェアの下に着るインナー上下は、ヒートテックなどの機能素材のものを選びましょう。他には、軽くて暖かいフリースがおすすめです。スキーの服装は、重ね着が基本です。気温や体調によって脱ぎ着して体温を調整します。スポーツなので汗をかくので着替えも必要です。靴下はスキー専用の厚手のものを用意しましょう。寒さ対策でもあり、足の保護になります。

スキーの持ち物・バッグ編

スキー道具を現地でレンタルする場合は、特別なバッグは必要ありません。手持ちのバッグで大丈夫です。スキーウェアにはポケットが必ずありますので、特にスキーをするときにバッグは必要ありません。スキー以外で行動するときに貴重品やスマホを入れて持ち歩けるバッグがあれば便利です。

スキーの持ち物・番外編

スキーに行くときに持っていきたいものは、保険証です。使わないことが多いですが、怪我や急病になったとき保険証があればスムーズに手続きができます。保険証を忘れても受診できますが、そのときは全額負担になります。現地の医療機関へ保険証の提示ができない場合は、自分が住む地区で割合に応じた医療費返還の申請が必要になります。

スキーの持ち物・買える?

あれもこれも用意しても荷物がかさばるだけです。海外ならまだしも、国内であれば大概のところにコンビニエンスストアがあり、スキー場、宿泊先、周辺にもショップがあります。忘れても現地で買うことが出来ます。

スキーの持ち物は、必要最低限で

スキーの持ち物は、必要最低限でいいのです。もし忘れても現地でレンタルできますし、購入することができますので安心してください。飲み物やお菓子は観光地価格になっているようですので、スキーに行く仲間と手分けして持っていくのも一つの方法です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます