日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーをするなら保険に加入しよう!

スキーに特化したスキー保険は、以前はありましたが今ではあまり聞きません。スキーに特化した保険は存在しないのでしょうか?またそれに代わる保険はあるのでしょうか?スキーの保険事情をご紹介いたします。

スキーをするなら保険に加入しよう!

スキーの保険ってどんなもの?

スキーに関する保険で望まれる内容は、スキーに関するトラブルを保障してくれることです。「スキー中に他人を怪我させてしまった」「自分がスキーで怪我をした」「自分のスキー道具が破損した」この3つが挙げられます。以前あったスキー保険ではこの3つをカバーしてくれましたが、今ではスキー・スノボ対応といった損害保証のプランになります。

数日しか行かないスキーの保険は?

保険の加入は、保険をかけたい期間も検討材料になります。初心者でシーズン中2~3回しかスキーに行かないのであれば、「国内旅行傷害保険」の加入がおすすめです。必要な日数分だけ、少ない費用で保険に加入できます。

シーズンにのみ加入できる保険は?

傷害保険になりますが「スポーツ保険」という商品もあります。スキー保険という名ではありませんが、スキー・スノボプランと銘打った保険商品があります。保証内容や、家族で加入するか否かで保険料が異なります。最低の保証プランであればお安く加入できます。

スキー・保険金の種類

「スキー中に他人を怪我させてしまった」→個人賠償保険金、「自分がスキーで怪我をして入院」→傷害入院保険金、「自分のスキー道具が破損した」→携行品損害保険金が保険によって支払われます。金額は、加入した時に決めた保障金額で支払われます。

保険で保障されないケース

保険加入者が故意に事故をおこす、自傷、自殺行為である場合。甚大な自然災害による場合。スキー用品の故意による破損。置き忘れによる紛失、経年劣化による破損の場合などでは、保障がされず保険金が支払われません。

スキーの保険の会社は?

簡易な保険プランですが、大手の保険会社の提案しているプランが多くあります。国内旅行傷害保険であれば、お持ちのクレジットカードについている場合がありますので確認してみましょう。先にあげた「スポーツ保険」がついているカードもあります。ついている保険でクレジットカードを選ぶのもいいですね。余談ですが、発行されたクレジットカードには、自筆署名を忘れずに。署名がないと保障が受けられない場合があります。

スキーの保険加入方法

今の保険は、保険外交員と対面でなくても加入できます。こまかいニーズにあう保険プランは多くあります。掛金が低額の保険であればインターネットからでも加入できるので、自宅でも外出先でもインターネットができるスマートフォン、タブレット、PCで加入できます。ものの数分で保険に加入できます。保険の加入は自己責任ですので、保障内容などよく確認の上加入をおすすめします。保険によっては、月単位での加入もできます。

入って安心。スキー保険

スキーで怪我をしたりさせたり、スキー用具の破損はあって欲しくないことです。けれど万が一の時でも保険という転ばぬ先の杖があれば安心です。スキーの準備の一つとして、保険の加入を検討してみませんか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

スキーカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする

人気記事ランキング