日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーを日帰りで楽しもう!

スキーに行こうと思うけど・・・。準備が大変だと思っていませんか?気軽に楽しむための手段として、スキーに日帰りで行くのはどうでしょうか?今回の記事では、日帰りでスキーに出かける良い方法をご紹介いたします。

スキーを日帰りで楽しもう!

いざという時に備えて

スキーに行こうと思うと、泊りで行くイメージを持っている人も少なくないと思います。そうなると、行く前からの準備が大変になります。持ち物が多くなることは言うまでもありません。そこで、持ち物は最低限のものを揃えましょう。シンプルにすると、それだけで気持ちも軽くなり日帰りスキーを楽しめそうな気がします。まず、絶対に必要なものは、遭難してしまった時に必要な地図やコンパス、防寒グッズや食べ物や水、ライト、ホッカイロ、暖を取るための道具など・・・です。

どこのスキー場に行くか決める

北は北海道から岩手県などの東北6県、関東甲信越では群馬県や新潟県、そして長野県などに有名なスキー場が集まっています。北海道には沢山スキー場があります。東北でも、岩手県には有名なスキー場があります。その、代表格といえば安比高原や八幡平のスキー場です。そして、関東甲信越で有名なスキー場はガーラ湯沢などでしょうか。特に、新潟のスキー場には新幹線で行くこともできるので、車を所有してない人も気軽に行くことが出来るところが大変魅力的です。

場所と交通手段の確認

日帰りで行くスキー場が決まったら、次は、地図やナビを使っての場所の確認をします。そして、車で行く人、新幹線で行く人、これは珍しいとも思いますが、遠方の方々は、もしかしたら早朝の飛行機を利用するかもしれません。いずれの場合にも、場所の確認と交通手段の確認を怠らないことが日帰りのスキーでは、とても大事なことです。

日帰りスキーの持ち物の準備①

スキーに必要な物の準備をしましょう。スキーウェア、ゴーグル、帽子、手袋。スキー用のマフラー、耳あても持っていけば温かいでしょう。スキー&ストック(スキー場によってはレンタルできる場合もあります)、ブーツ(スキー場によってはレンタルできる場合もあります)。スキー場では雪焼けすることがあるので、日焼けしたくない人は日焼け止めクリームを持参するとよいでしょう。

日帰りスキーの持ち物の準備②

日帰りスキーに持っていく基本的な持ち物をご紹介してきましたが、あとは個人個人で必要な物が違うと思いますので各々で準備をしていただければと思います。ホッカイロは持っていくといいです。

スキー場で気を付けたいこと

出かけるスキー場によっては、沢山の人がスキーやスノーボードなどを楽しんでいます。人にぶつからないように、気をつけなければいけません。リフトに乗る時は、乗り場では十分に注意を払って下さい。それから、スキー場では落し物が大変多いので、貴重品の取り扱いにも気を付けましょう。

帰りの時間を忘れずに

スキー場には時計がないことが多いので、各々で時計や携帯電話などで時間を知る必要があります。スキーをしている最中は、夢中になって時間の感覚がなくなることがあります。日帰りスキーを楽しむためにも、あらかじめ決めている時間に遅れないように常に余裕を持って行動するとよいでしょう。

日帰りでスキーを楽しむ

日帰りでスキーを楽しむために色々とご紹介してきましたが、一番大切なことは身の安全に気を付けることです。万が一ケガをしてしまったりすると、せっかくの時間も台無しになってしまいます。安全に気を付けながら、時間の許す限り思いっきりスキーを楽しみましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます