日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードするなら!ヘルメットはあった方がいいに決まってる!

スノーボードするならヘルメットはあった方がいいですよ!「カッコ悪い」だなんて昔の話。スノーボード用のお洒落なヘルメットが巷にはたくさん出回ってます。今回はヘルメットの大切さについてご紹介します!

スノーボードするなら!ヘルメットはあった方がいいに決まってる!

スノーボードは転ぶスポーツ

スノーボードを最初から上手に滑れる人はいませんよね。誰でも転びまくって上達するのがスノーボード。初心者はもちろん、新しい技を練習すれば上級者だって転倒するもの。ちょっとした怪我で済めばいいけれど、取り返しのつかないような大怪我をする可能性もあるわけです。
「今さら」なんてことはありません。ヘルメットを着けてスノーボードを楽しみましょう。

ヘルメットの機能と今

ヘルメットは転倒した際の脳への衝撃を軽減してくれます。各社、少しでも衝撃を減らす為にヘルメットに使う素材を開発するなど日々安全性向上に努めています。それと同時に、より使いやすいヘルメットにする為に軽量化や通気性向上にも力をいれています。
最近のヘルメットはデザインもよく、長年の開発によって軽い付け心地で安全性の高いものが多く出回っています。

着けててよかった、ヘルメット!

スノーボードで大怪我に繋がりやすいのは、キッカー(ジャンプ台)での着地事故。初心者よりも滑りに自信のある上級者の方が派手なクラッシュを起こす傾向にあるようです。
滑走時の転倒で岩や木に衝突し、ヘルメットで頭部が守れたなんて事例も。
怪我のないように気をつけるのはもちろんですが、万が一に備えることが何よりも大切ですよね。

ヘルメットの正しい選び方

ヘルメットはネットショップでも購入できますが、ゴーグルと合わせたり、フィット感を確認したりする為にも試着することを強くオススメします。
スノーボードのヘルメットにはレーシングモデルとフリースタイルモデルがあります。レーシングモデルは競技用なので、一般スノーボーダーはフリースタイルモデルを購入するといいでしょう。

メリットとデメリット

ヘルメットを着けるメリットは何よりも「安全性の向上」です。アメリカやヨーロッパではスノースポーツをする時にヘルメットを着けるのは常識。日本人も見習うべきですし、特に子供には必ずヘルメットを着用させるようにした方が良いでしょう。
ヘルメットを着けるデメリットは「面倒臭い」「邪魔」だという点です。着脱するものがひとつ増えるわけですから手間と言えば手間。面倒に感じる人もいるかもしれません。また、帽子に比べてヘルメットの方が大きいので邪魔に感じる人も。どちらも「慣れ」の部分が大きいデメリットなので、安全の為と割り切って慣れていけば問題ありません。

安全だからチャレンジできる!

安全性が確保出来ていれば、難易度の高い技にもチャレンジ出来ますよね。
最初のうちは煩わしいかもしれませんが、好みのデザインのヘルメットを購入して楽しんじゃいましょう。
スノーボード仲間にも広めて日本でもヘルメットの着用を定番化させていきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます