日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

気になるゴルフの服装の選び方

ゴルフの服装はどんな服装を選んだら良いのか?悩んだりしますよね?何となくテレビや雑誌でゴルフの服装はイメージできるけど、実際はどこまでラフな格好までセーフなのか?服装を選ぶ際のポイントをご紹介します。

気になるゴルフの服装の選び方

絶対押さえるべき服装で抑えるポイント

ゴルフの服装で、はずせない抑えるべきポイントは2つあります。これだけは外せないポイントです。ゴルフはマナーやエチケットを大事にするスポーツです。マナーに反する服装は避けなければいけません。抑えるべき2つの服装のポイントは、襟が付いているシャツとベルトが通せるパンツになります。

襟が付いているシャツとは?

襟が付いているシャツなら、大半は大丈夫です。今ではファッション性も重視されてきているので、各スポーツメーカーからも、オシャレな服装が販売されています。昔のように固い感じのポロシャツに拘る必要もないです。女性のゴルフウェアもピンクやオレンジといった女性らしいカラーを用いたウェアも多くなってきました。女性のプレイヤーも増えてきたので、各スポーツメーカーも挙ってオシャレな女性用のゴルフウェアも発売されています。

ジーンズやジャージ以外のパンツ

ベルトが通せるパンツといってもジーンズやジャージのような服装ではいけません。昔のゴルフの服装では地味な格好をイメージする人もいるかもしれませんが、今では夏では短パンや、女性ではミニスカートでもOKになっています。カラーも色とりどりで、結構自由になっています。極論を言えばジーンズ以外はOKになっています。今ではファッション重視で細身のトレンドを抑えたパンツもあります。夏には夏用の冬には冬用のパンツも販売されています。

忘れてはいけない帽子

ゴルフはマナーエチケット重視しているスポーツと言いましたが、シャツとパンツだけではいけません。忘れてはいけないアイテムとして帽子があります。ゴルフのラウンド中に危険防止のために帽子の着用をお願いしますといった内容の立て看板あったりします。帽子を着ないとプレーできない訳ではありませんが、いつの間にか、帽子の着用が当たり前になってきました。なので帽子の着用はマナーということになります。決まった帽子の形はありませんが、サンバイザーやキャップ型の帽子が主流になっています。冬にはニット帽などの防寒重視の帽子でもOKです。

ゴルフシューズは専用のシューズを。

シャツやパンツに関しては、普段着との併用もできますが、シューズだけはゴルフ専用のシューズを購入される事をおススメします。ゴルフ場は芝生だったりと一般のスニーカーだとスイングした時に滑ったりして、フルスイングができなかったりします。ゴルフの専用のシューズにはソフトなスパイクが付いていて、滑りにくい設計になっています。各スポーツメーカーから専用のシューズが発売されているので、自分にあったメーカーのシューズを見つけるために、まずは試しに専用シューズを履いて試した見ることをおススメします。

ゴルフ場ではしてはいけない服装。

ゴルフ場ではしてはいけない服装があります。その服装をするとマナー違反になりますので、ゴルフ場ではしてはいけません。その服装とは、頭や首にタオルを巻いてプレーしてはいけません。夏とかでは汗をかく為、タオルは必需品になります。いくら暑くて汗が止まらなくても頭や首にタオルを巻いてプレーすることはマナー違反になるので、気をつけてくださいね。また男性は上着の裾はパンツの中に入れましょう。ラフに上着の裾を出したままだとマナー違反です。女性用の裾の短いウェアは大丈夫です。

クラブハウスでの服装は?

クラブハウスで過ごす時の服装も気をつけなくてはいけません。ラウンド中は服装を気にしているが、クラブハウスに入ると気持ちがオフになるので忘れてしまいがちになりますが、クラブハウスの中でも服装に気をつけましょう。気をつけるポイントはクラブハウスに入ると、サングラスを外します。ついつい忘れてしまいますが、サングラスは外しましょう。プレー後にクラブハウスに入る時は、エアーでシューズをエアーで洗いましょう。砂やごみを落とすことが大事になります。クラブハウスはホテルのロビーと同じ様な感覚で使用すると良いですね。

ゴルフ場でのチェックインの時の服装は?

ゴルフ場に着くと受け付けてチェックインをしなくてはいけません。その場合の服装は男性ではジャケットを着用か手に持って入館します。足元は革靴と紳士的に。女性はヒールの低めなパンプスです。スリッパやスニーカーといったラフな格好はマナー違反になったりしますので気を付けましょう。また各ゴルフ場で決まり事があるの入館時にはチェックしましょう。

ゴルフはマナーのスポーツです。

ゴルフは紳士的なスポーツといわれるだけあって服装にも気をつけなくてはいけません。服装が乱れるとマナー違反になるので、抑えるべきポイントをしっかり守って、楽しくプレーを楽しんでください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます