日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初心者の為のゴルフのスコアの付け方

ゴルフを始めるとコースをまわることもあります。コースを回ると記録用にスコアをつけます。ゴルフを始めて間もない人はスコアの付け方を知れないかもしれません。そんな人向けにスコアの付け方をご紹介します。

初心者の為のゴルフのスコアの付け方

ゴルフのスコアの基礎知識

そもそもゴルフとは9×2の18ホールからなっています。18ホールをすべてまわる事で1ラウンドが成立します。またそれぞれのホールでは規定打数の(パー)が設定されており、18ホールをすべて回った時の打数を計算し記録することになっています。

ゴルフの基礎知識その2

もっとも、わかりやすいスタンダードなコースと言えば、パー3のシュートホールが4ホールです。ロングホールがパー5が4ホール、残りの10ホールがミドルホールとしてパー4となっています。それぞれゴルフ場で、ショートホールが多かったり、ミドルホールが多かったりで多少の違いはありますが、おおよそ、パー72、71、70になっています。

スコアの呼び方を覚えよう。

各ホールにおいて、スコアを記録していき、最終的に合計スコアが少ない人の勝ちとなるスポーツです。呼び方として各ホールの規定数と同じであればパー、一打少なければ、バーディー、逆に一打多ければボギーとなります。また素人はバーディーが中々出ませんが、プロはこのバーディーから上の次元で戦っています。

スコアの呼び方でも俗称が付いている。

規定打数がパーと言われ、その規定数より多く打つことで、ボギー、ダブルボギー、トリプルボギー、クワドラプルボギー、クインティープルボギーと呼び名が変わっていきます。その中でも俗称としてダブルボギーはバザード、トリプルボギーがグラウス、クラドラプルボギーがターキーと言われ、こちらの俗称の方の呼び方で言われることの方が多いです。

スコアの呼び方その2

ボギーとは逆に規定数よりも少ない打数でホールを終えることもあります。パーよりも一打少ないのは、バーディー、バーディーよりも一打少ないのが、イーグル、さらに一打少ないのが、ダブルイーグル、さらに一打少ないのがトリプルイーグルと言われます。また俗称としてダブルイーグルがアルバトロス、、トリプルイーグルがコンドルと俗称が付いています。

幻のトリプルイーグル、コンドル。

トリプルイーグルとは規定打数が5打のところホールインをするようなもので、滅多に見ることはできない。滅多にというよりは、幻の呼び名となっている。ですが、もう一打多い、アルバトロス、ダブルイーグルはプロの世界ではたまに出る事があります。規定打数がパー5で2打目で入る事があるが、パー4でホールインワンでもアルバトロスとなり、さらに貴重なアルバトロスになります。

OBのスコアの付け方

普通にプレーをしていけば、問題なくスコアを付けていくことができます。先ほどの基本のポイントだけをしっかり覚えれば、コースで回っても問題ありません。ですが、プロや上級者でもありますが、OBの存在です。OBとはそのままプレーが継続できないところにボールが飛んでしまった場合に起こります。

OBになった時のスコアの付け方2

ティーショットがOBになった場合は1打目が罰で3打目からテーショットを打っての計算になります。セカンドショット以降でのOBが出た場合だとその打目が罰となります。たとえば3打目でOBになると3打目が罰で5打目を3打目と同じところから打つという風になります。

池にボールが入った場合

池があるホールだと、池にボールが落ちる場合もあります。その場合だと、1打が罰となり、池に落としたショットの時と同じ所から打ちます。もしくは、最後の横切ってハザード区域の地点と後方線上にドロップして続ける事ができます。

カラ振りをしてしまった場合は?

ティーショットなどでは、つい力んでしまう事もありますよね。そんな時よくあるのがカラ振りです。カラ振りは一打だとして当然計測される訳ですが、近い仲間とのグランドなら笑って済ますこともできるかもしれませんが、基本はマナー違反なので、きちんと計算しましょう。

バンカーのときは厳しい

バンカーにボールが入る事もあります。その場合気をつけなければいけない事ですが、ボールを打つ前に、砂にクラブを付けることは2打の罰になるので、バンカーでショットする時は、ボールを打つ前にクラブに砂を付けない事を意識してください。クラブを砂に付けただけで2打の罰になります。相当厳しいですね。

ゴルフスコアはプレーしながら

ゴルフでスコアの付け方は実際にプレーしながら、付ける方が断然早く覚えることができます。判らなければ、キャディーさんに聞けば、やさしく教えてくれます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます