日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

特徴をバッチリ押さえる!ゴルフのアイアンについて

ゴルフには用途や目的に応じて様々なクラブを使用することになりますが、その中で初心者向けと言われているクラブが「アイアン」です。様々なタイプや長さで非常に奥が深いゴルフのアイアンの特徴をまとめました。

特徴をバッチリ押さえる!ゴルフのアイアンについて

アイアンってどんなクラブ?

そもそもゴルフのアイアンとはどんなクラブのことなのでしょうか。アイアンとは文字通り、ヘッドが鉄製になっているクラブを指しています。そしてその最大の特徴は、非常に用途が幅広いことにあります。アイアンの性能というのはこの後に紹介する「ライ角度」や「ロフト角度」、その他ヘッドの形状やシャフトの種類などで大きく変わるのですが、200ヤード近い飛距離が出せるものからアプローチに使用するものまで、様々な種類を使い分けることで様々なショットを打てるようになります。

アイアンの番号について

アイアンには1番、2番、3番…と続いて最大9番まで番号が振られていて、その他にサンド・ウェッジ(SW)、アプローチ・ウェッジ(AW)といった種類のクラブがあります。SWとAWは文字から役割が推測されますが、番号が振られているアイアンはそれぞれ何が違うのでしょうか。実はこれらのアイアンは大きく3種類に分類されていて、1〜3番は「ロングアイアン」、4〜6番を「ミドルアイアン」、7番から先を「ショートアイアン」という風に呼ばれています。ちなみに、7番アイアンはサイトや解説本によってミドルアイアンと表記しているものも多いようです。

それぞれのアイアンの役割

先ほど分類された3種類のアイアンは、飛距離ととるのかよりコントロールを重視するのかで用途が分かれてきます。その役割は名称ですぐにわかるでしょう。ロングアイアンやミドルアイアンは飛距離重視のクラブで、男性だと1番アイアンで200ヤード近い飛距離を出せる場合もあります。ショートアイアンは飛距離よりもグリーンに乗せたりコントロールを重視したものです。

それぞれのアイアンの形状の違い

では、具体的にはこれらのアイアンはどういった形状の違いがあるのでしょうか。その違いは大きく3つの要素に分かれていて、それは「ロフトの角度」「ライ角度」「シャフトの長さ」です。簡単に言うと、ロングアイアンは「ロフトの角度とライ角度が小さく、シャフトが長い」のが特徴で、ショートアイアンは「ロフトの角度とライ角度が大きく、シャフトが短い」のが特徴です。

アイアンのロフトの角度について

ロフトの角度とは、シャフトとヘッドのボールを打つ面にできる角度のことを指します。例えば1番アイアンなどはこのロフト角が20度を切っていて、より正面でボールを捉えやすくなり、自然と飛距離が伸びます。その一方、例えばバンカーからボールを出す役目であるショートアイアンのSWは、このロフト角が50度以上あり、より下からすくい上げるようなショットを打てるようになるのです。

アイアンのライ角度について

ヘッドのソール(底の部分)を地面にぴたりとつけた時、地面とシャフトにできる角度を指すのが「ライ角度」です。この角度が小さい場合は自然とシャフトも長くなっており、飛距離を出すのに適しています。ちなみに、自分にとっての振りやすいライ角度というのは、自然に構えた時にソールの先端がやや上がっている状態にあると言われています。練習用や最初の一本を選ぶ時には、この基準を覚えておくといいでしょう。

アイアンのシャフトの長さと素材

シャフトの長さはそのまま飛距離やコントロールに直結します。長ければ遠心力などが働き飛距離を伸ばせますし、短ければ足元でのスイングとなるのでより精度の高いショットを打てるようになります。そんなシャフトですが、主にカーボン製かスチール製の2種類の素材が多いです。最近では製品の改良に伴い大きな差はなくなっていますが、一般的にスチール製は重く、カーボン製は軽いというのが特徴です。

アイアンで欠かせないヘッドの種類

また、アイアンで欠かすことができないのがヘッドの形状についてです。ヘッドはその形状で「キャビティアイアン」「マッスルバック」「中空アイアン」の3種類に分けられます。この中で初心者にも扱いやすいのがキャビティアイアンで、次いで中空アイアン、マッスルバックと続きます。その最大の違いは、ヘッドでボールに当てるとよく飛ぶ部分である「スイートスポット」が、キャビティアイアンが最も広いことにあります。そのため、初心者でも綺麗なショットを打ちやすいのです。

アイアンはゴルフライフの長い相棒

初心者の最初の1本としてもよく選ばれるアイアンですが、だからこそ様々な性能の違いを知っておくと、より選んだり使ったりするのが楽しくなるでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます