日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフで100切りを実現したい人のためのヒント集

ゴルフを始めてある程度経ったなら、誰もがぶつかるであろう100切りの壁。なかなかここが超えられずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
今回は、ゴルフで100切りを達成するためのヒントを集めてみました!

ゴルフで100切りを実現したい人のためのヒント集

自分の強みを作ろう!

100切りを実現するためにまずは、自分の強みをしっかりと作っておくことから始めましょう。
強みとはズバリ、「得意なクラブを作る」ということです。

重点的に練習し、「このクラブでのショットなら自分で信頼できる」というクラブがありますか?確実に進めたいとき、こういったクラブがあるだけで、状況はだいぶ変わってきます。
確実に1本、できれば3本ほど、しっかりと自分に馴染んだクラブを持っておきたいものです。

距離感、意識してますか?

そんな頼れるクラブを手に入れたなら、次は距離感を意識するようにしましょう。

例えば、5番アイアンで何ヤード飛ばすことができますか?
同じ5番アイアンで、50ヤード、30ヤードと短い距離を刻むことはできますか?

全力で飛ばすだけがゴルフではありません。
グリーンまでの、カップまでの距離を縮めていくために、正確に目標との距離をつかみ、それに合わせてショットを考える必要があります。

飛ばすばかりがゴルフじゃない

距離感を意識することで、コースでのショットの組み立て方も変わってきます。
300ヤードのホールがあったとして、それをドライバーで250、残り50をアイアンとパターでと考えると、最初のドライバーでOBでもしようものならその計画はすぐに崩れてしまいます。
ですが、これをアイアンで100ヤードを3回打つと考えれば、難易度は下がってきます。
遠くまで飛ばす爽快感はゴルフの醍醐味のひとつではありますが、100切りのためにはより確実に進められるようにこうした戦略を考えることが大事です。

大局をとらえ、無理のないプレーを

100切りを実現するためにはスコアの上でも、組み立てを考えることは大事です。 失敗してしまったホールの次で、ミスを挽回しようと無茶をして余計に沼にはまってしまう。 そんな経験はありませんか? しかし、ミスを1つのホールだけで一気に挽回しようとするのは危険です。それだけ修正する幅が大きくなり、結果無茶なプレーにつながってしまうからです。 ゴルフのスコアは、全ホール回った結果で出るわけですから、100切りのためには後のホールで少しずつ修正していくほうが現実的です。

ゴルフでも復習は大事

今回はうまく行った、ダメだった、そこばかりに目が行っていませんか?
その日のプレーの内容を、シャワーと一緒に流してしまってはもったいない!
自分の立てた戦略と実際のショットを照らし合わせて、なぜ100切りできなかったのか、どうすれば次100切りができるか研究しましょう。1度復習した程度ではあまり効果はありませんが、回数を重ねていくうちに自分のショットや考え方の傾向がわかってきます。
仕事が忙しくて練習ができない日は、休日のラウンドを見直すのに使ってみてはいかがでしょうか。

100切りを助けてくれるツール

ラウンドで距離感をつかんだり、その日のプレーのおさらいをするのに役に立つツールが最近は多数発売されています。

GPS搭載の距離計は、プレー中にグリーンまでの距離を表示したり、飛距離を表示してくれる良き相棒です。パソコンとの連携が可能な機種もあり、後日プレーをおさらいするのに役立ちます。
また、スマートフォンでもGPSを利用したラウンドデータの保存ができるアプリなどが登場しています。
こういったツールを活用することで、より詳しく自分のプレーを見直すことができるようになりますよ。

最後はやっぱりメンタルかも?

さて、100切りのためのヒント、最後はやはりメンタル面についてです。
ミスによって焦ってしまったり、思い通りのショットが打てずにイライラしてしまったり。
誰にでもあることですが、そういった気持ちでは余計にミスを呼んでしまいます。ベストショットをイメージし、それだけに集中するように心がけましょう。

心が乱れそうなときは、単純ですが深呼吸をおすすめします。
呼吸が整うだけで、気持ちも整ってきます。
お金もかかりませんので、ぜひお試しあれ。

100切りは越えられない壁ではない!

100切りというのは高い壁ではありますが、越えられない壁というわけではありません。
目先のミスばかりにとらわれることなく、常にラウンド全体でゲームを考えていくという作業が大事です。
次の休日には、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます