日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ初心者が知っておきたい、クラブの種類と選び方

初心者の方が初めてゴルフクラブを購入するとき、何を基準にしていいのかわからないのが非常に悩ましいところ。そんなゴルフ初心者の悩みを解決するために、知っておきたいゴルフの種類と、購入するときのクラブの選び方をご紹介します!

ゴルフ初心者が知っておきたい、クラブの種類と選び方

ゴルフクラブは何本揃えるのがベスト?

様々な種類のあるゴルフクラブですが、実際には何本あればいいのでしょうか。ゴルフのルール上、最大で14本のゴルフクラブを用意することが認められていて、中古ショップや通販サイトでは14本とキャディバッグが揃ったセットも販売されています。値段も安ければ2万円程度で買えるので、初めての方はそうしたセットを買うのもオススメです。

ゴルフクラブにはどんな種類があるの?

では、実際にゴルフクラブにはどんな種類があるのでしょうか。クラブは大きく分けて6種類のクラブが存在します。「ドライバー」「フェアウェイウッド」「ユーティリティ」「アイアン」「ウェッジ」「パター」です。次からこの6種類のクラブの特徴と、性能の違いを分けるポイントなどをみていきましょう。

ゴルフクラブの代表「ドライバー」

もっとも大きいクラブであり、最初の1打であるティーショットで使う最も飛距離の出るクラブです。ゴルフクラブと言えばこれを思い浮かべる人も多いはず。このクラブを選ぶときのポイントでみていきたいのは、重量とシャフトの硬さにあります。この2つはいずれもヘッドスピードと飛距離に直接関連するものです。まず、重量は触れる範囲で重みのあることが条件となります。そしてシャフトの硬さは、「L

クラブの隠れた主役「フェアウェイウッド」

フェアウェイウッドはドライバーに近い形をしていますが、地面から打つクラブの中で、最も飛距離を出すことができるクラブです。球の軌道が上がりやすいのがメリットのクラブですが、クラブセットではなく自分で揃えるとき必ずしも必要ではなく、後回しになることの多いクラブでもあります。このクラブは長めに作られていて扱いが難しいのが特徴で、その中でも5番ウッドあたりが扱いやすいでしょう。

クラブの定番アイテム「アイアン」

ゴルフの中継などで最も良く聞くのがこのアイアンではないでしょうか。2打目以降、ボールをグリーンやピンそばにつけるために使われるクラブで、非常に多様な形状をしています。初心者はその中から、7・8・9番のアイアンを持っておけばいいと言われています。また、もう1つオススメなのが「キャビティアイアン」と呼ばれる種類です。こちらは球が打つ最適な場所である「スイートスポット」と呼ばれる部分が広くとられているので、初心者向きなクラブです。

使い勝手の良いクラブ「ユーティリティ」

ユーティリティはアイアンとフェアウェイウッドの中間で、両方の良い部分を持ったクラブです。ただその一方、その役割はアイアンで事足りる場合も多いため、初心者の方があえて揃える必要のないクラブでもあります。比較的最近生まれたクラブであるがゆえに、なかなか使いどころがわからない人も少なくないようです。揃える場合は、使い勝手が良いとされる4番を1本用意するといいでしょう。

トラブルに強いクラブ「ウェッジ」

ウェッジは、大きく分けて3種類あります。バンカーからリカバリーするためのサンドウェッジ、アプローチに使うアプローチウェッジ、アプローチウェッジよりも高い軌道でグリーンにアプローチするピッチングウェッジです。初心者はこのうち、サンドウェッジとピッチングウェッジの2本を用意するようにしましょう。

最後の1打を決めるクラブ「パター」

ドライバー、アイアン、ウェッジでアプローチしたボールを最後にカップインさせるのが、パターの役目です。ちなみに、プロの試合を除き多くのゴルフ場ではグリーンでパター以外のクラブを使用禁止にしていたりもします。そんなパターのうち、初心者に扱いやすいとされているのが「マレット型」と呼ばれているものです。マレット型は比較的ヘッドが大きくやや重量があるので、初心者でも安定して打つ事ができるとされています。

初心者はまずゴルフクラブの特徴を知ろう

大まかな種類に分けてゴルフクラブを紹介していきましたが、シャフトの硬さ、そしてロフト角の違いなどで、ゴルフクラブの使いやすさはかなり変わってきます。初心者の方はまずそれぞれのゴルフクラブの特徴を押さえて、その上で自分に合ったクラブを見つけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます