日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スイングチェックや多彩な機能が魅力!オススメのゴルフアプリ

ゴルフのスイング上達にも、スマホアプリは非常に役に立ちます。今回はそんなアプリの中から、無料なのに非常に使いやすい、ゴルフのスイングチェックのアプリをご紹介していきます。

スイングチェックや多彩な機能が魅力!オススメのゴルフアプリ

「ゴルフ・スイングチェック」

まず最初に、iPhone・iPad対応アプリをご紹介します。1つ目は、「ゴルフ・スイングチェック」。「WineSpace inc.」が提供しているアプリです。このアプリは、最大10秒間動画の録画が可能で、撮影した動画はスロー再生で見る事ができます。ゴルフ仲間やキャディーさんに撮影してもらう事もできますし、10秒あるので自撮りも可能です。動画には線や丸などの図形の書き込みができるので、軸や頭のブレなどをチェックすることもできます。無料版のほかに、240円の有料版も用意されています。

「スイングゴルフチェッカー」

「A.C.T. Co.」が提供しているスイングチェック用のアプリですが、このアプリの特徴は多彩な機能。撮影した動画のトリミングや再生速度の調整、その他図形などの書き込みが可能です。また、海外産のアプリの場合説明がほとんど英語である場合が多いのに対し、こちらは日本語でアプリの説明などがあるので安心して使えます。無料版の「スイングゴルフチェッカーLite」と、有料版の「スイングゴルフチェッカーPlus」(480円)の2つが用意されていますが、無料版でも十分な機能が用意されています。

「毎日ゴルフレッスン」

「ayumi Co,.ltd(JP) 」が提供している、ゴルフの練習法やレッスンを毎日配信しているアプリ。ゴルフ雑誌や書籍で練習法などを勉強する人も多いですが、ゴルフ場や電車内など、狭い空間やそうした紙媒体を持ち歩けないシーンでも手にとって見れるのがスマホのメリットです。初心者から上級者までためになる動画を配信しているこのアプリ。twitterやFacebookなど各種SNSとも連携しているので、気になる動画をシェアすることもできます。

「Rhythm Golf」

「Tomohiro Tabuchi」が提供しているこのアプリは、プロゴルファーである田淵氏が提唱するトレーニング方法を取り入れたアプリです。この田淵氏の提唱する「テンポ練習法」というものの最大の特徴は、リズムに合わせたスイングを行うというもの。簡単に言うと、この練習法では3拍でボールを打つことになります。1拍目でテイクバック、2拍目でスイング、3拍目でフィニッシュという流れです。このアプリでは1分あたりのテンポを65拍〜85拍までの幅で調整できるので、自分に合ったスイングのリズムを見つけることができます。

プロと比較可能なアプリ「V1 Golf」

ここからは、Android対応のアプリをご紹介です。1つ目は、「V1 Sports」が提供している「V1 Golf」。このアプリの特徴は、他のアプリ同様動画撮影を通じて自分のスイングのチェックができるのに加え、同じアプリ内でプロのスイング動画を閲覧でき、簡単に自分のスイングと比較ができるんです。一部アプリ内課金があるのが難点ですが、多彩な動画が用意されているのが魅力です。

「Waggleできるゴルフ」

「Net Dreamers Co.,LTD.」が提供しているこのアプリ。ゴルフ情報誌の大手である「Waggle」が元となっているゴルフレッスンが紹介されているのが最大の特徴です。ゴルフツアー情報や最新ニュースの他、月額料金を支払えばゴルフ上達に役立つ様々なレッスンを見る事ができます。

「ゴルフスイングチェッカーplus」

「株式会社 A.C.T.」が提供しているアプリで、対応OSでバージョンがいくつかあります。王道のスイングチェックアプリで、動画撮影、編集ができるのに加え、最大の特徴として2画面での同時再生ができるので、自分のスイング比較をしたり、一緒にゴルフ場に来た上手い友人のスイングと比較するといった様々なチェックができます。

内藤雄士氏の提供するゴルフレッスンアプリ

「MTI Ltd.」が提供しているゴルフレッスンアプリ、「内藤雄士のPRIVATE GOLF LESSON」。丸山茂樹プロなどを指導した国内プロゴルフの名コーチ、内藤雄士コーチのレッスン動画を視聴できるアプリです。動画には無料・有料のものがありますが、オリジナルのレッスン動画などもあるため、見どころ満載なアプリです。

多彩なゴルフアプリでスイングを上達!

近年カメラや動画撮影の性能が飛躍的に上がっているスマホは、ゴルフのスイングチェックに最適です。今回紹介した動画撮影アプリやレッスンアプリを参考に、スコアアップを目指していきましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます