日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【ゴルフ初心者必読!】分かりやすい!「インパクト」のやさしい攻略法

「ゴルフを始めたけど、上手に打てない…(泣)」ひょっとするとインパクトに問題があるのかも…!「インパクトって何?どうして重要?どうやったら上達するの?」今回はゴルフ用語の解説も交え、ゴルフのインパクトを徹底検証します!

【ゴルフ初心者必読!】分かりやすい!「インパクト」のやさしい攻略法

ゴルフ用語「インパクト」って?

インパクトについて詳しく見る前に、まず「インパクト」とは何かを確認しておきましょう。ゴルフで言うインパクトとは、クラブを振ったときにボールが当たる瞬間のことを言います。ボールの飛距離や方向性はこのインパクトの影響を大きく受けるので、とても大切。なので、正確なインパクトができるようになりましょう!

インパクトが正確でないとどうなるの?

練習場などでボールを打ったとき、球筋が大きく曲がってしまったり(スライス)、ボールを打つときクラブがボールではなく地面に当たってしまったり(ダフり)、フェースの下の部分でボールを打ってしまったり(トップ)…そんなミスショットを打ってしまった経験、ありませんか?それはもしかすると、インパクトに問題がある可能性大です!インパクトが正確でないと、そのようなミスショットにつながりやすいのです。

インパクトの正しい形とは?

それでは、どうしたら正確なインパクトができるのでしょうか?それには体を上手に使うことが大切です。具体的にどの部分をどのように動かすのがいいのか、一緒に見ていきましょう。でも一つ気を付けたいことが。ゴルフは体を回転させるスポーツです。なので、例えば腕や手だけに集中すれば万事OKというわけではなく、あくまでも体全体の動きだということを忘れずに。体の一部分だけに気をとられてしまい、操り人形のように不自然な動きにならないように気を付けましょう!

右足から左足へ体重移動!

まず注目したいのが、体重移動。スイングは手や腕の力だけで振るのではなく、体全体の回転運動でスイングします。この回転の際に右足から左足へ上手に体重移動させるのが大切なポイントです。簡単そうに見えて意外とこの体重移動がなかなかきちんとできません。インパクト後は体重が左足に移動しているべきなのですが、そのまま右足に残ったままだと、回転軸も不安定でインパクトが弱く、結果ボールがあまり飛ばないのです。

ビハインド・ザ・ボール

次に頭の位置を確認しましょう。インパクトのとき、頭の位置は「ビハインド・ザ・ボール」でなければダメ。「ビハインド・ザ・ボール」とは、頭がボールよりも後ろの位置でなければダメだということ。頭がこの位置にないと、体の回転運動をストップさせてしまうことになり、これまたボールが飛んでくれません。そうならないよう、クラブを構えたときから頭を動かさないようにするのがコツです。

コックをほどかない/保つ、タメをつくる

「コックをほどかない」、「コックを保つ」、「タメをつくる」というのを聞いたことがあるかもしれません。コックとは、クラブを振り上げたとき(バックスイングのとき)に、手首を曲げることを言います。ここで手首を曲げ、振り下ろしたとき(ダウンスイングのとき)に解放させます。このタイミングが早過ぎるとミスショットになりやすい!なので、この角度を早くほどかず、なるべくそのまま保って、インパクトのときに一気にほどくのがコツです。

大切なのは体全体の動き

正確なインパクトをするには、最低限これらのポイントをおさえる必要があります。でも再度気を付けたいのが、大切なのは体全体の滑らかな動きだということ。正しいインパクトの形を身につけるまでは、ある程度ぎこちない動きになってしまうのは仕方がないので、まずは一にも二にも練習あるのみ!初心者のうちは変なクセがつかないよう、しっかり練習してインパクトの正しい形をマスターしましょう!

どうやって練習したらいい?

ではどのような練習をしたらいいのでしょうか?一つの練習方法としては、インパクトバッグという練習グッズを使う方法があります。インパクトバッグをボールの位置に置いて、クラブで叩くというもの。インパクトバッグでなくても、キャディバッグを倒して使ったり、重さがあって柔らかいものがあればそれを使ってもOK。家の中でもできる練習なので、おすすめです。

同時進行で筋トレ・ストレッチも!

そもそもの筋力を上げるのも大切です。体格が良い人やパワーがある人は、力が弱い人よりもボールがよく飛びますよね。インパクトでは自分のパワーをいかに上手にボールに伝えるかという話でしたが、そもそもパワーがないと伝わるものも伝わりません。また、体の柔軟さ・しなやかさも、正確なインパクトをする上でとても重要です。筋トレとストレッチも忘れずに!

できれば専門家の力を!

とはいえ、自分一人だけで練習しているとどうしても気付かないうちにクセが付いてしまったりするもの。なのでできればスクールに通ったりして、早い段階で専門家にしっかりコーチングしてもらうのがおすすめです。経済的な理由などで、それでもどうしても独学で練習せざるを得ない人は、自分のスイングをビデオに撮って、自分チェックするだけでもかなり効果的です!

身に付くまではひたすら練習!

インパクトが正確になるためのポイントやコツはありますが、インパクト自体はほんの一瞬。頭で「手首は…、頭は…」と考えながらスイングするのではなく、体が自然に動くようになるのが理想です。最初のうちはあれやこれやと考えてしまいますが、考えなくても出来るようになる日が必ず来ます!それまでは練習あるのみ!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます