日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

石川遼だけじゃない!海外にも居るイケメンゴルフ男子達

日本では男子ゴルフ界のイケメンというと石川遼選手のイメージがありますが、海外にもイケメンとされている選手はたくさんいます。そこで、今回は海外男子ゴルフのイケメン選手を紹介していきます。

石川遼だけじゃない!海外にも居るイケメンゴルフ男子達

イケメン①アダム・スコット

ゴルフ選手らしい非常に紳士的な雰囲気のあるこのアダム・スコット選手は、オーストラリア出身で1,980年7月16日生まれです。少し昔はもっと細くて少女漫画のキャラクターのような見た目でしたが、最近ではトレーニングの成果か、がっちりした体つきになってきていますね。昔の写真と見比べると一人で2度おいしい、そんな男子選手です。

イケメン②ジョーダン・スピース

2015年のマスターズを優勝したことが記憶に新しいこのジョーダン・スピース選手ですが、彼は1993年7月27日生まれと非常に若く、しっかりした優しい顔立ちの男子なので女性ファンが大変多い選手です。少々頭髪の薄さを気にしているようですが、それを補うほどの実力と若さとかっこよさを兼ね備えた素晴らしい選手と言えるでしょう。

イケメン③マーティン・カイマー

2014年の全米オープンで優勝したこのマーティン・カイマー選手は、ドイツ出身の1984年生まれで、勢いに乗っている30歳の男子です。契約している企業がメルセデス・ベンツやロレックスなど、どれも高級ブランド志向の企業ばかりなんです。そのことからも彼の人気がうかがい知ることができますね。非常に几帳面にゴルフをプレイすることからきっとマメな性格をしていることでしょう。

イケメン④ハンター・メーハン

今では切ってしまいましたが、このハンター・メーハン選手は少し前までロン毛で大きなサングラスを掛けたゴルフ選手とは思えないような奇抜な格好が特徴だった選手です。その独特な雰囲気がなんとも素敵だったのですが、髪切ったあとの爽やかな印象の彼もまた魅力的ですね。1982年5月17日生まれのアメリカ出身選手です。

イケメン⑤アーロン・バデリー

先ほど紹介したアダム・スコットと並んで、オーストラリアの2大イケメンゴルフ男子として君臨しているのがこのアーロン・デバリーです。アダム・スコットと比べると少し渋くて大人っぽい雰囲気をしていますが、1981年3月17日生まれと、年は彼のほうが若いようです。車が好きで色々カスタマイズしているらしく、そういった少年らしいギャップがたまらないという方もいるのではないでしょうか。

イケメン⑥リッキー・ファウラー

濃い顔好きの方であれば一目惚れしてしまいそうな顔立ちのこちらのリッキー・ファウラー選手ですが、1988年12月13日生まれと非常に若い男子選手です。日本人の血も混ざっているということで、どこか親近感の湧く選手ですね。特にプレーしている時に集中してスイッチが入った彼の鋭い表情は、見るものを魅了すると言っても過言ではないでしょう。

イケメン⑥フィル・ミケルソン

こちらのフィル・ミケルソンは親日家の選手として有名で、かたことであれば日本語でも会話できるくらい日本が大好きな選手です。そのため日本人にもファンが多く、知名度も高い選手ですね。先ほどまで紹介した選手達と比べると少し年配の選手ですが、それでもプレーの最中にみせるイケメンオーラは未だ健在していると言えるでしょう。

イケメン⑧ルーク・ドナルド

こちらは日本のスポーツ企業ミズノと契約している選手のため、工場見学などで来日する機会の多い選手です。また、来日する度に颯爽と優勝を持ち帰っていくという実力は、さすがもと世界ランキングトップですね。知的なイメージのある1977年12月7日生まれの選手で、非常にハンサムであるため、日本人でも女性ファンが多い選手でしょう。

イケメン⑨ローリー・マキロイ

彼は現在男子ゴルフ世界ランキングの1位の選手で、文字通り世界で一番ゴルフが上手い男です。1989年5月4日生まれと非常に若い選手で、もうこれだけで充分な魅力がありますね。それだけにプレイボーイな話題の尽きない彼ですが、そんなマイナスイメージなんてものともしないほどに魅力的な選手でしょう。一時期お腹周りがぽっこりしていましたが、最近ではそんなこともなく、もはや完璧な男性像の一つといってもいいでしょう。

活躍する彼らにこれからも注目

このように日本選手だけでなく海外にもイケメン選手は沢山います。そういう目線だけでゴルフを見るのはいただけないかもしれませんが、せっかくゴルフをテレビなどで観戦する際には、こういった部分にも注目してみてはいかがでしょうか。ゴルフ観戦がより楽しい物になるかもしれませんよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます