日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーのポジションはどんなの?

大人気のスポーツであるサッカーですがルールやポジションなどわかりづらい面も多いですよね。大まかにサッカーは4つのポジションがあります。簡単なのでしっかりサッカーのポジションを覚えてサッカーを楽しみましょう。

サッカーのポジションはどんなの?

唯一手を使えるポジション

サッカーは基本的に足を使って行うスポーツですが唯一手を使うことができるのがゴールキーパーというポジションです。ゴールを守る最後の砦となるゴールキーパーですので俊敏性と的確な指示を出すコーチング能力が非常に問われるポジションです。常に後ろから試合を見ているので状況の理解もしっかりできる人だとより有利に試合を進めることができます。

ゴールキーパーの名選手

ゴールキーパーで有名なのはイタリア代表のブッフォン選手です。長年にわたりイタリアのゴールを守ってきました。高い身長に長い手足で決定的なシュートを何度も止めてきました。日本では川口能活選手が長く日本のゴールを守ってきました。アジアカップでの奇跡的なPKセーブや決して高くない身長なのに素早い反応がとても印象的です。また所属チームも決まりようやく試合に出場することができるようになった元日本代表川島永嗣選手も今後に期待です。

体を張ってゴールを守るディフェンダー

ゴールキーパーの前に立ち体を張ってゴールを守るのがディフェンダーと呼ばれるポジションです。相手のシュートを体を投げ出してガードしたりドリブルをスライディングで止めてボールを奪ったりと相手からボールを奪う能力に長けている人がとても最適なポジションとなるでしょう。またコーナーキックなどのセットプレーの際に相手よりも早くボールに触れるよう身長が高い人やジャンプ力がある人も向いているポジションでしょう。

ディフェンダーの有名選手

ディフェンダーで世界的に有名な選手は元イタリア代表のカンナバーロ選手が出てくるのではないのでしょうか。鉄壁のカテナチオと呼ばれるイタリア代表の守備はとても有名でその中でのスピード、高さ、判断力を兼ね揃えたのがカンナバーロ選手でした。日本代表ではイングランドでプレーする吉田麻也選手や長友選手が有名です。

中盤を支配するオールマイティーポジション

サッカーにおいてゲームメイカーと呼ばれるポジションがミッドフィルダーと呼ばれるポジションです。主にサッカーコートの中央付近を主戦場としており守備から攻撃まで全てをこなすポジションで走り回るスタミナと決定的なパスを出せるキック精度などが必要になてきます。またミッドフィルダーの中でも守備的な位置になるボランチやより攻撃的な位置になるトップ下など分かれています。

ミッドフィルダーの有名選手

ミッドフィルダーで有名な選手といえば誰もが知っているであろうバルセロナに所属するメッシ選手です。彼はミッドフィルダーの中でも攻撃的なトップ下というポジションで活躍し多くのゴールやゴールを演出する華麗なパスを出して世界中の人を魅了しています。日本代表でいえばトップ下から守備的なボランチまで様々なポジションをこなした中田英寿や現日本代表の10番香川真司らがミッドフィルダーの選手として有名です。

まさに点取り屋!点を取ることが仕事

サッカーではゴールを決めなければ試合に勝つことはできません。そのゴールを取ることが目的となるポジションがフォワードです。まさに点取り屋と呼ばれるこのポジションは相手のディフェンダーを置き去りにするスピードや常にシュートを考える積極的な姿勢、どんな姿勢でもゴールを狙える俊敏性などが必要になります。フォワードにも背が高くヘディングや空中戦に強いタイプのフォワードや背が低くてもスピードやドリブルで相手を置き去りにしてゴールを奪うタイプなどがあります。

有名なフォワードの選手は?

世界的にも有名なフォワードの選手といえばレアルマドリードのクリスチャーノロナウド選手でしょう。彼には高さ、速さ、そして体の強さ、ゴールの決定力とフォワードに必要な能力が全て揃っている最強の選手と言えるでしょう。これまでに多くのゴールを決めてきた選手です。日本代表では今でも現役のドリブラー三浦カズ選手やJリーグで得点王の大久保嘉人、さらには日本代表で活躍している若い武藤嘉紀などが有名です。

ポジションごとに役割が違う

サッカーにはしっかりと役割分担されたポジションがあります。ポジションごとに誰もが知っている有名選手がいますのでそのプレーを見ながらポジションについて詳しく知るのも良いでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます