日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

一度は行こう!「サッカーミュージアム」

サッカーファンなら一度は訪れたい「サッカーミュージアム」ここに行けば、サッカーについての知識や、めったに見ることのできないお宝グッズにふれることができます。各地にあるサッカー ミュージアムの見どころをまとめてみました。

一度は行こう!「サッカーミュージアム」

日本サポーターの聖地のミュージアム

2002年に開催されたFIFAワールドカップ日韓大会を記念して、2003年12月にオープンした「日本サッカーミュージアム」。公益財団法人日本サッカー協会が運営しています。場所は、文京区本郷で、通商「サッカー通り」といわれているメインストリートにある、日本サッカーの中枢であるJFAハウスの地下1階、地下2階・地上1階の3フロアーに設けられています。地下2階は有料となり、大人500円、小中学生300円。幼稚園児以下は無料です。サッカーファンなら、すでに訪れた方もいるのではないでしょうか?

日本サッカーミュージアムを無料で楽しむ①

地上1階のゾーンは、アッパーグラウンド(スタジアムの上部席の意味)と名付けられ、無料で開放されています。まず、入り口を入ると「世界の壁」がお目見えし、選手の写真とデータで、ゴールが決まった瞬間を紹介しています。また、日本代表が獲得したメダルやトロフィーをじかに見ることができます。さらには、「ヴァーチャルスタジアム」では、大型映像装置で2002年ワールドカップの試合の模様を再現してくれます。開催から10年以上経ってしまいましたが、感動をあらためて思い出してはいかがでしょう。まだ、当時はまだ小さくてよく覚えていない方にも少しでも体感できると思います。

日本サッカーミュージアムを無料で楽しむ②

地下1階 「ロアースタンド」も無料で楽しむことができます。2002年に開催されたFIFAワールドカップ日韓大会に関連した、資料や写真が展示されています。日本サッカー界に大きく貢献した、サッカー殿堂の表彰者のモニュメントも置かれていて、その選手たちのプレーの軌跡を観ることができる「日本サッカー殿堂」。また、Jリーグの各チームについてのディスプレイや選手などのデータも見ることができます。Jリーグの中継を中継ライブで観戦できるTVも設置されていて、1日いても飽きない至福のスペースです。

サッカーファンを魅了する有料ゾーン。

地下2階「ピッチ」は有料ゾーン、です。ここには、日本代表のロッカールームを再現したコーナーもあります。中央で円陣を組んだ代表選手に一人分のスペースが空けられていて、そこに入れば、自分も代表選手の仲間入りです。一緒に円陣を組める夢のようなシチュエーションを体験できます。さらには、日本代表の歴代のユニフォームが、メキシコ五輪で銅メダルを獲得した時のものから、2006年ドイツワールドカップのものまですらりと並んで堪能ですます。また、W杯の優勝国にのみ渡されているというワールドカップのレプリカも、展示されています。

割引でサッカーミュージアムを楽しもう。

地下2階は大人500円、小中学生300円で有料スペース。少しでも安く楽しみたい方のためにお得な割引制度が儲けられています。2008年以降に国内開催されたサッカーの有料試合のチケットや半券を持参された方・また20名以上の団体は、事前に予約をすれば、大人400円、小中学生200円の100円引きで入場することができます。ういたお金でグッズも買ってはいかがでしょうか?

熱血ファン、カシマサッカーミュージアム

茨城県立カシマサッカースタジアム横に誕生した「カシマサッカーミュージアム」は、2004年4月4日にオープンしました。2002年FIFAワールドカップ日韓大会のカシマサッカースタジアムで川際された3試合についても、詳しく展示されています。また、ご当地、鹿島アントラーズについては、歴代ユニフォームや、タッチパネルで過去の名場面のゴールシーンを視聴できるので、鹿島アントラーズファンならずともサッカーファンにはたまらないミュージアムとなっています。名監督、ジーコ監督など17名の功労者の写真やグッズも必見の価値あり、です。

サッカー歴史が長い・静岡のミュージアム

静岡は、80有余年にわたってサッカーが盛んな県として有名です。サッカーのキングといえば、三浦和義選手も静岡の出身。これまでに、日本代表瀬飲酒や多くのJリーグで活躍する選手を排出してきました。そんなサッカーの盛んな県の長泉町にあるのが「静岡サッカーミュージアム」です。もちろん、入場料は無料ですので、近くに行ったときには立ち寄られたら新しいサッカーの歴史の発見があるかもしれません。

世界サッカーの聖地のミュージアム

サッカー王国・ブラジルのミュージアムは、ブラジルサッカーの輝かしい勝利の軌跡を見ることができます。地元開催のワールドカップでは、唯一、母国ブラジルが競技した、サンパウロの由緒ある競技場:エスタジオ ド パカエンブー のスタンド下にあります。もちろん観光名所としても有名で、正面入り口から入ると、ここ十数年で活躍したスタープレイヤーたちのポスターが貼られています。また、何十台ものテレビが並ぶ巨大な壁には、ブラジルチームの栄光と影の歴史が映し出されます。1994 年と 2002 年にワールドカップで優勝した歓喜のの映像を見ることもできます。

サッカーファンなら一度はいきたい場所

サッカーファンなら一度はは訪れたいと願う、サッカーミュージアム。まだサッカーを良くしらない方も、輝かしいスタープレイヤーたちの歴史に興味をそそられることでしょう。休日の散歩コースに入れてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます