日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

いまさら聞けない・・・?サッカーの香川選手ってどんな人?

『香川』と聞いてまずは何を思い浮かべるでしょうか?日本にある四国の県?それとも……?今回は日本が誇るサッカー選手・香川真司さんについてご紹介します。サッカーに興味があってもなくても、基本情報をチェックしておきましょう!

いまさら聞けない・・・?サッカーの香川選手ってどんな人?

香川選手の基本プロフィール

本名は香川 真司(かがわ しんじ)で、愛称はシンジ。1989年3月17日生まれ。身長は175cm、体重は68kg。利き足は右足。現在の在籍チームはドイツの ボルシア・ドルトムントで、ミッドフィールダーやフォワードのポジションで活躍しています。

香川選手の出身はどこ?

サッカー日本代表としても活躍している香川選手。国籍はもちろん日本で、兵庫県神戸市で生まれました。幼稚園に通っていた頃にサッカーを始めた香川選手。一流の選手になったのは、子どもの頃からの努力の賜物だったのでしょうね。

香川選手のポジションはどこ?得意分野は?

香川選手のポジションはミッドフィールダーやフォワード。主に前線に出て、攻撃を主体とする役割のポジションです。世界的にも香川選手の攻撃面での技術やセンスを高く評価されております。そのサッカー技術やスピードに乗りながら攻撃を組み立てるスキルなど、守備面に弱点はあるものの、世界で戦えるだけの技術は十分に持っている選手です。

香川選手がサッカーを始めたワケ

香川選手がサッカーを始めたのは幼稚園の頃。その後小学生に上がると、地元のマリノFCというチームに所属しました。小学4年生の時には神戸市選抜のメンバーに選ばれるほどの腕前で、小学5年生の時に所属していた神戸NKサッカークラブ(現・センアーノ)の監督よりバルセロナ(宮城県仙台市)へのサッカー留学を勧められるほどの選手に成長しました。中学進学と同時にサッカー留学をすることとなり、中学校に通いながら練習に励み、ナショナルトレセンやU-15日本代表に選ばれた経験もあります。高校に進学してもやはり日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会に出場したり、U-18東北代表に飛び級で選出されたりと、その活躍ぶりは留まることがありませんでした。

日本サッカー時代の香川選手

2006年に自身の出身地である神戸に近い、Jリーグのクラブチーム「セレッソ大阪」に入団することとなりました。高校卒業前の選手がJリーグのチームとプロ契約を結んだのは、香川選手以前に例がなかったそうです。その結果2006年の時点で高校を卒業していない香川選手は、同球団と業務提携していたウィザス高等学校(通信制)に転校することとなりました。2006年シーズンは出場機会がなく終わってしまったものの、翌2007年シーズンはレギュラーの座を獲得。その後にカナダで開催されたU-20ワールドカップには飛び級で選出、また、2008年に開催されたU-19代表、また、北京五輪に出場するU-23にも飛び級で選出。海外に移籍する2010年まで輝かしい活躍をみせるのでした。

世界に羽ばたき、活躍する香川選手

2010年7月、香川選手はドイツのプロサッカーリーグ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントに移籍します。海外に行ってもメキメキと成長し、活躍を続けた香川選手。キッカー誌が選定する攻撃的ミッドフィルダー部門で最優秀選手に選出されたり、国際サッカー連盟が発表した「2011年期待の若手13人」に選ばれたりと、サッカーファンをわくわくさせるような選手へと育ちました。その後、2012年6月にはイングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドへ移籍。アジア出身選手による初のハットトリックを達成するなど、輝かしい成績を収めます。

日本代表としての香川選手

2008年に平成生まれの選手として初めて日本代表に選出されたのが香川選手でした。日本代表デビューは2008年5月に行われたキリンカップのるコートジボワール戦。同年10月のキリンチャレンジカップUAE戦では、日本代表史上3番目の若さで代表初得点を挙げました。その後も日本代表には選出されるものの、ここ数年は精彩を欠いている感は否めない成績となっている。日本代表に香川選手の力は不可欠。私たちも香川選手の底力を信じ、声援を送りましょう。

日本サッカー界を引っ張っていく存在に…

世界のサッカー界で活躍するひとりである香川選手。本場ヨーロッパで活躍する選手はほんの一握りですから、香川選手のような存在は夢を追う子供たちに輝かしく映っていることでしょう。今後も彼の活躍を期待して、日本から熱いエールを送りましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます