日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーは天気チェックをかかさない。

やっとスキー場についても、悪天候で滑ることができなくなってしまった
経験はないでしょうか?スキーでの天気はとても大切です。
時には命にかかわることも。スキー場の天気チェック法をご紹介します。

スキーは天気チェックをかかさない。

スキーの天気と言えば日本気象協会

日本気象協会の運営サイト「tenki.jp」では、全国およそ450か所の
スキー場の天気や積雪、雪質情報を教えてくれます。情報は毎日更新されます。
また、過去1か月分の積雪情報も知ることができるので、積雪のよるゲレンデの
詳しい状況を把握できるんです。季節の特集コーナーで、
11月~5月までの期間に詳細情報を知ることができますから、
是非、チェックしてみてください。

スキー情報満載の検最大級索サイトも!

日本最大級のスキー場情報検索サイト「POP SNOW」を
ご存知でしょうか?ここでも全国のスキー場のお天気を調べることができます。
自分の行きたいスキー場の天気はもちろん、雪質や積雪量など、その他にも
スキーに関連する情報をゲットできますよ。

スキー場の天気を映像で確認しよう。

「ライブカメラマップ」というサイトでは、現在のスキー場の様子をリアルタイムで見ることができます。数字や文字だけでなく、リアルに映像で確認できるので、イメージがわきますよね。また、各カメラのページには、天気をチェックできる雨雲レーダーの付きの地図も表示されます。気象予報士の気分で天気を観測してみましょう。

スキー場の公式ホームページで確認

最近では、それぞれのスキー場でホームページが開設されているのでどこに行きたいのか決まっている場合には、ずばり、そのスキー場の公式サイトでお天気をチェックしてみるのはいかがでしょう。今年など雪の少ない天気の場合、滑ることができるコースやリフトの運行状況などは、毎日変わってきます。スキー場はお天気に大きな影響を受けるため情報発信はこまめに行っていますよ。

前日のスキー場の天気チェックはマメに

スキー場に出かける前日には、必ず、天気も含めてゲレンデの状況を確認しておきましょう。先ほどのスキー場の公式ホームページも良いですが何か気になることがあった場合には、遠慮せずに事前に直接、スキー場に電話で問い合わせてしまうのが確実です。刻一刻と変化する天気。スキー場のプロから明日の状況を教えてもらえるかもしれません。何時間かかけて辿りついたスキー場で、滑ることができないショックは悲しすぎます。万全の天気情報を入手しましょう。

スキー場の天気の急変には要注意

山の天気は本当に変わりやすいといわれます。それまでいいお天気で
快晴だったのに、突風や吹雪がおこることも珍しいことではありません。
高い山になればなるほど、天気の変化は一瞬で起こります。
もし、自信がなければ、なるべくスキーコースの下の方で滑るようにしましょう。
いざという時にもあわてずに済みますよ。

つねに敏感でいたい天気の変化

激しい天気の変化を読み取るには、雲の動きを観察することが重要です。
雲が多くなってきたら、吹雪になる可能性が高くなります。
吹雪にも滑ることはできますが、慣れないコースで滑ると、知らぬ間に
コースを外れて、禁止区域に紛れ込んでしまっていた、などということもあるようです。
雲の流れが速くなったら、風が強まってきた予兆です。
大自然の中で遊んでいることを忘れずに、天気の変化には敏感になりましょう。

スキー場で最もこわい天気とは?

ホワイトアウトの恐怖は、体験した人でなければわからないかもしれません。ホワイトアウトとというのは、激しい吹雪などによって視界全体が真っ白になってしまい。、方向や地形の起伏などが全く見分けがつかなくなる現象のことをいいます。寒い雪の中で、1メートル先がわからなくなる恐怖は、尋常ではありませんよね。そうなる前に、霧が濃くなってきたら、早めに建物に避難するようにしましょう。万が一、滑っている間に遭遇してしまったら、とにかく動かないことが肝心です。天気の変化を耐えて、なるべく体温の下がらない方法で時を待つのが一番のようです。ただし、そうなる前に避難できるようにしたいものです。

スキー場の天気の変化は刻一刻

大自然で楽しむスキーは、天気の変化に大きく左右されるスポーツです。その変化を楽しむのも醍醐味の一つですが、天気の変化を、インターネットやスキー場の空の変化などで、こまめにチェックして上手にスキーを楽しみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます