日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーにベストなゴーグルを選ぼう

スキーを楽しむには、ゴーグルはとても大切ですよね。ゴーグルがキマれば、スキーも一段と楽しいものになるに違いありません。ただし、ファッションだけでなく、視界や目を守ってくれる、ベストなゴーグルの選び方をまとめてみました。

スキーにベストなゴーグルを選ぼう

スキーゴーグルの役割って?

スキーのゴーグルの役割は、ずばり「目を守ること」。目を守るといえば、すぐにまず思い浮かべるのは、日光の紫外線から守るためと思われがちですが、その他にも大切な役割があります。たとえば、雪や氷、木の枝や小石が目に入るのを防いだり、他のスキーヤ ーと接触した際に、スキー板やストックから、目を守ってくれる役割もあります。また、スキーでスピードがでた時に受ける強い風からも守ってくれます。ゴーグルは、様々な危険から大切な目を守ってくれるんです。

ゲレンデで見た目は大事

スキーウエアに凝っても、ゴーグルと合っていなかったりすると台無しですよね。色、デザイン、形など、本当に多くのゴーグルが発売されています。その年の最新モデルもいいですが、まずは、自分に合っているかスキーウェアとの配色バランスも気を付けて、お気に入りのゴーグルを選びましょう。

ストレスなくスキーをしよう。

ゴーグルの選び方で気を付けたいのが、自分の顔にあっているかどうか?です。お店で買うと、雪を想定しづらいので、どうしてもデザインを優先してしまいますがまずは、フィット感を確認しましょう。ゴーグルと顔の間に隙間があると、様々な問題がでてしまいます。たとえば、風が入って目が乾いて痛くなったり、外気が入ることで曇ってしまい視界を妨げたりします。まずは、フィット感、隙間ができないかを確認しましょう。

ゴーグルのフィット感のポイントは?

それでは、フィット感、隙間ができないかを具体的には、どんな点でチェックすればいいのでしょうか?それは、鼻の部分に隙間ができないか?を徹底的に確認しましょう。日本人と欧米人では鼻の高さや形が違います。日本人の鼻に合っているといわれているブランドは SWANS と SMITH といわれています。装着して、納得のゴーグルを選びたいですよね。

スキーは雪面の見やすさもポイント

ゴーグル選びに、もう一つ重要といわれているのは。レンズの色です。レンズの色によって、雪面の見やすさがグンと変わります。見やすいおすすめの色は、オレンジとピンクです。イエローレンズのゴーグルは快晴の日には不向きですが、おすすめの色の一つです。また、少々高価ですが、ミラータイプは、いらない光を反射してくれるので目が疲れやすい方や光に弱い方は、ぜひ、揃えてみてはいかがでしょうか?

見落としがちなゴーグル選びポイント

以外と見落としてしまいがちですが、是非、おさえていきたいゴーグルのレンズの選び方があります。通常では、眼鏡やサングラスと同じように、1枚構造のレンズで十分と思ってしまいますが、スキーシーンでは、なんといっても、ダブルレンズのものがおすすめです。1枚構造のレンズは、寒いときには外気との温度差で、レンズが曇ってしまい、もっと寒い吹雪では凍ってしまいます。これでは、見えなくなってしまい非常に危険です。その点、ダブルレンズにすれば、2枚のレンズ間で温度調整ができるので、そういったトラブルを防いで、快適にスキーを楽しむことができます。

スピード感あふれるスキーを安全に。

スキーは、想像以上にスピードがでるものです。雪を滑走する楽しさは一度味わったら、やみつきになりますよね。でも。それだけに、他のスキーヤーとの衝突や急斜面での転倒には気を付けたいものです。そこで、必要なのはゴーグルの視界の広さです。できるだけ広いレンズのものや。球面体のゴーグルを選んで視界を確保してください。楽しくなるはずのスキーが、怪我などで大変だった思い出にならないよう安全に滑りましょう。

スキーのゴーグルを安く手に入れよう

東京、お茶の水は、プロスキーヤーも通うスキーグッズ販売の聖地と
言われています。有名な店「アスペン」では、ゴーグルのニューモデルも
安く手に入れることができると評判です。選ぶコツを思い出して
試着しながらしっかりチェックして、お得なゴーグルを探し出しては
いかがでしょう。

ゴーグルで雪景色を楽しんで

スキーヤーにとって、ゴーグルはおしゃれの見せどころですよね。お気に入りのデザインで気分を盛り上げるのもモチロン大切ですが、機能面もしっかりとチェックして、快適にスキーを楽しんでくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます