日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

これで初心者も大丈夫!道具を揃えて、スキー場へ出かけよう

冬の訪れ、それはスキーシーズンの訪れです!初心者だって大丈夫、まずは必要な道具を用意して、スキー場へ出かけてみましょう。スキーに必要な道具をを初心者向けに解説します!

これで初心者も大丈夫!道具を揃えて、スキー場へ出かけよう

スキーに必要な道具ってどんなもの?

スキーにはさまざまな道具が必要になります。しかし、現在はスキー場などでレンタルすることができる道具も多く、初心者が必ずしもすべてを買い揃える必要はありません。

レンタルできる道具の代表が、スキーに絶対必要な以下のものになります。
・スキー板
・ストック
・ブーツ
・ウェア
・グローブ
・ゴーグル
(場所によって、レンタルできるものに違いはあります。実際にレンタルを利用する時には、スキー場に確認しましょう)
次からは、これらの選び方を見ていきましょう。

スキー板の選び方って?

スキー板には、形・硬さ・長さなどによってさまざまなタイプがあります。
まず、形としては両端が反り返った形の「ロッカー」、それとは逆に中央が浮いている「キャンバー」があります。ロッカーはキャンバーと比べると、取り回しやすい形です。板の硬いものは主に高速で滑るためのものと考えてください。また、長い板ほど扱いに技術が必要です。
ですので初心者におすすめの板は「ロッカー」形状で「柔らかい」「短い」板ということになります。長さはだいたい目安として、自分の身長よりも10センチ前後短いものを選んでくださいね。

ストック選びのポイントは?

ストックは滑走中にバランスを取ったり、止まった状態を維持したりするために必要になる、大事な道具です。初心者は転んだ時に立ち上がるのにも便利ですね。
選ぶ時にはグローブをした状態で、フィットするかを確認してください。長さはだいたい、ストックの傘の付け根辺りを持ち、ヒジが90度になるものを選ぶようにしましょう。持った時に重いと感じないものを選ぶのも大事なポイントです。

ブーツ選びは大事です!

ブーツはスキー板を使うためには必ず用意しなければなりません。足の動きを板に伝えるための非常に大事な道具です。怪我などのないよう、しっかりと足に合うものを選ぶようにしましょう。
選ぶ時にはまず、スムーズに足が入れられるものを選ぶのが第一です。また、バックルを締めて固定した時のフィット感を見ることもお忘れなく。必ず実際に使う靴下を履いた上で試着し、履き方がわからない場合は店員さんなどに確認して、正しく履くようにしてください。

快適に過ごすためのウェア類選び

ウェアやゴーグルなどの小物類も、ゲレンデで安全・快適に過ごすためには大事なものです。
ウェアを選ぶ時にはサイズはもちろんですが、保温性・防水性・通気性など、雪の中で運動するのに適した機能が揃っているかを確認しましょう。
帽子やゴーグル・グローブは防寒や視界の確保の他、雪焼け対策にもなります。帽子は自分で気に入ったものを用意するのもいいですね。

こんなものもあると便利

ちょっとした休憩のときに飲み物などを買うために小さなお財布(小銭入れ)や、ホッカイロ、それから日焼け止め(クリーム・UV効果のあるリップクリーム等)などがあると便利です。
また、スマホが濡れたり傷ついたりするのを防ぐため、クッションのある袋に入れるかタオルで巻く、防水ケースを使うなどの対策をしておきましょう。防水対策であれば、ジップロックバッグが手軽です。何枚か持って行くと、スマホ以外も入れられて便利ですよ。

絶対買わなきゃいけないものって?

自分で買わなければいけない道具としては、
・インナーウェア
・ミドルウェア
・靴下
これらが最低限となります。この他にはグローブのインナー用の手袋や、ネックウォーマーなども買っておくといいでしょう。

インナーウェア・ミドルウェアはウェアの中に着るものです。スキー中は体温によって汗をかいたりしますので、重ね着によって温度調節しています。アウトドア用のものをはじめとしたスポーツ用がありますが、ユニクロなどの保温下着やフリースのジャケットでも大丈夫です。靴下も同様に、スキー用でなくても平気ですが、ブーツのインナーとして、厚手で長さのあるものを選ぶようにしてください。

まずは始めることが大事です!

スキーは道具にお金がかかる……というのは昔の話。現在はレンタルも充実し、スキーへの初期投資額も下がってきています。尻込みせずにまずはスキーを始めて、気に入った道具を買い足しながら初心者を脱却してみては?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます