日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初心者でもわかりやすいスノーボードの板の特徴

ウィンタースポーツとして高い人気を誇るスノーボード。ですが実際にスノーボードを選ぶ時、板の持つ基準や性能など意外にわからないことも。そこで今回は、初心者でもわかりやすいスノーボードの板の様々な特徴を紹介します。

初心者でもわかりやすいスノーボードの板の特徴

まずは板の長さを考える

スノーボードの板を選ぶ時、まずチェックするべきなのが、どのくらいの長さの板を買うかです。ポイントは、自分の身長を基準にして選ぶという点にあります。選ぶ基準は3つに分かれていて、160cm以下の人は「身長-約10cm」を、160cm〜175cmまでの人は「身長-約15cm」を、そして175cm以上の人は「身長-約20cm」の板を選ぶのが良いとされています。

板の長さで変わる滑りの性質

スノーボードの板の長さで、滑りの質はどう変わるのでしょうか。板の長さは安定性や小回りに関係してきます。板が長くなれば滑りが安定する一方で小回りが効かなくなり、板が短くなれば滑りが不安定になる代わりに小回りが効くので、様々なトリックに向いています。それぞれゲレンデでどのように楽しみたいかでも長さは変わりますが、初心者の方は先ほど紹介した長さを基準にすると良いでしょう。

横から見たスノーボードの板の形状について

一見同じ形に見えるスノーボードの板ですが、真横から見ると大きく3種類の形状に分かれます。それは、「キャンバー」「ダブルキャンバー」「ロッカー」の3種類です。これらはそれぞれ板の「反り方」の違いがあり、性能もまるで変わります。

キャンバーの板が持つ特徴

スノーボードの板として最も昔からあるのが、キャンバーです。中央部分に反りがあるキャンバーはターンをするときに雪面をしっかりとキャッチし、また板を踏み込んだときの反発力が出るなど、安定した性能があるのが魅力です。ちなみに、一般的に板は反発力があり柔らかい方が滑りやすいとされています。

ロッカーの板が持つ特徴

ロッカーはノーズ(前部分)とテール(後ろ部分)が反っていて、多くがゆるいU字型になっているスノーボードです。現在では多くのメーカーがこのロッカーを取り入れています。この形状だと、後ろ向きで滑り出してしまいスノーボードでも非常に危険とされる「逆エッジ」になりにくいのがメリットです。

ダブルキャンバーの板が持つ特徴

ダブルキャンバーはその名前の通り、テール部分とノーズ部分の2箇所に反りがあるタイプで、その性質はロッカー・キャンバーの両方の良いところを持っているとされています。ロッカー同様に逆エッジになりにくい特徴を持ちつつ、キャンバーのように板を踏み込んだときの反発を持っています。

上から見たスノーボードの板の形状について

先ほどは真横からスノーボードの形状を見ましたが、上から見た場合でもスノーボードには大きく3つの形状にわけられます。それは、「ディレクショナル」と「ツインチップ」、そして「ディレクショナルツイン」です。

ディレクショナルの板の持つ特徴

ディレクショナルはノーズ部分が長く、テール部分が短いという特徴を持っているほか、形もそれぞれ異なります。ノーズ部分が長いことで滑りが安定しやすくなり、スピードにも乗れます。より滑りを楽しみたい人にオススメの形状です。

ツインチップの板の持つ特徴

ツインチップは、ディレクショナルと違いノーズ部分とテール部分が同じ長さ、同じ形状をしているのが大きな特徴です。長さな同じな分小回りが効き、様々なトリックをしやすくなります。様々なトリックを使った滑りを楽しみたい人向けの形状です。

ディレクショナルツインの板の持つ特徴

ディレクショナルツインは名前の通り、2つの板の特徴を持っています。ディレクショナルのようにノーズ部分の方が長い一方で、ツインチップのように両端が同じ形状をしています。滑りもテクニックも、両方を楽しみたい人向けの板と言えるタイプです。

スノーボードの板の幅について

スノーボードの板の「幅」は、やってみたいテクニックで選び方が変わります。基本的に狭い幅の板なら鋭いターンを決めることができ、広い幅の板ならライディング系のテクニックの安定感が増します。どんな遊び方をしたいかで幅を選ぶといいでしょう。

板からスノーボードの遊びの幅を知る

一口にスノーボードの板といっても、長さや形状でその性質がガラッと変わります。初心者から中級者に向かって色々なテクニックに挑戦した方は、今回紹介した性質を参考に新しい相棒を探してみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます