日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ポイントを押さえて賢く買う!スノーボードのセット商品の選び方

これからスノーボードを始めたい人にもお手ごろな値段になっている、スノーボードのセット。価格はもちろんのことですが、セット商品でスノーボードを買う上で必ずチェックしておきたいポイントをまとめてみました。

ポイントを押さえて賢く買う!スノーボードのセット商品の選び方

セット商品の主な中身

店頭やサイト上でのスノーボードのセールなどでは、よく「2点セット」「3点セット」という形で商品を販売していることがほとんどです。この場合、2点セットならスノーボードの板とバインディング(板とブーツをつなぐ接続用のパーツ)、3点セットなら板・バインディング・そしてスノーボード用のブーツを含めたセット商品です。

セット商品は初めは店頭で選ぶのがオススメ

初めてスノーボードのセット商品を買うときにオススメしたいのは、なるべく店頭で買うことです。理由は非常に簡単で、実際に試着できるから。ボードの重さやしなり、バインディングやブーツでそれぞれチェックしたい部分があり、それらを実際に履いて確かめたりできるのはやはり店頭だからです。

セットの板のチェックポイント①長さ

スノーボードで一番に見ておきたいのが板です。そしてまず板でチェックしたいのは長さ。板は一般的に身長を基準に長さを選択します。基準は大まかに3種類に分かれていて、160cm以下の人は「身長-約10cm」を、160cm〜175cmまでの人は「身長-約15cm」を、そして175cm以上の人は「身長-約20cm」の板を選ぶのが良いとされています。いくら安くても、まずは自分の身長を参考に板の長さを選ぶようにしましょう。

セットの板のチェックポイント②形状

次にチェックしたいのは、板の形状。スノーボードの板はトリックや滑りなど用途に合わせて様々な形状の「しなり」があります。中央部が浮いている「キャンバー」、逆に両端が上にしなっている「ロッカー」、ボード全体が雪面と接する「フラット」、その他にも「フラットロッカー」「ミニキャンバー」「ダブルキャンバー」などがあります。様々な種類がありますが、最初の板は最も一般的な形状である「キャンバー」か、初心者でも扱いやすいと言われている「ロッカー」がオススメです。

セットの板のチェックポイント③固さ

スノーボードの板というのは、滑っている最中はみなさんの想像以上にしなったりねじれたりします。この固さは「安定性」と「滑りやすさ」に関わってきます。ちなみに、板の固さには「フレックス」と「トーション」の2種類があり、フレックスは板のしなりを表し、トーションは板のねじれを表しています。板が固い場合というのは、この2種類がどちらも固く、板が柔らかい場合はこの2種類がどちらも柔らかいことが多いです。

初心者は柔らかいスノーボードを選ぶ

スノーボードの板が固いと、滑った際の安定性が増しスピードも出せる一方、コントロールが難しいのが特徴です。それはスポーツ経験が豊富で足腰がしっかりしている人でも扱いが難しいほど。それに対して、板が柔らかいと雪面が凸凹していたりスピードが出ていたりする場合の安定性が落ちますが、ターンなどでの滑りやすさがメリットと言えます。初めてボードを買う方は、柔らかめの板を選ぶのがいいでしょう。基準がわかりにくいので店員さんに聞くのが一番です。

スノーボードのバインディングのデザイン

スノーボードのセットとして次に重要視したいのがバインディングです。バインディングで見る部分ですが、まずは留め具の種類を見ていきましょう。バインディングは留め具で大きく3種類に分かれていて、ストラップ型とクイックエントリー型、そしてアルペン用に分かれます。

バインディングのオススメのタイプ

アルペン用のバインディングは主にスピードを出して滑るスタイルで用いられるので、残りの2種類から見ていきましょう。2つのうち最もオーソドックスなのがストラップ型で、デザインも豊富にあります。一方クイックエントリー型は文字通り脱着が非常に楽で立ったままでも行えるのがオススメなのですが、デザインが少ないのがデメリットです。もしセット商品でいいデザインがあれば、クイックエントリーのものをオススメします。

スノーボードセットは試着して決める

初心者の方は特にですが、板とバインディングは実際に履いてみないと使い心地がなかなか実感できません。試着での確認と店員さんの説明を聞きながら、大切な相棒を選びましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます