日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サーブを上達させるには?テニス初心者のための練習方法

テニスでかっこ良くサーブを決める様子はテニス始めたてであれば憧れますよね。上手い人みたいなサーブを決めるにはどんな練習をすればいいのでしょうか。今回はそんなサーブの上達方法についてのまとめです。

サーブを上達させるには?テニス初心者のための練習方法

サーブを上達させるメリット

テニスというスポーツは知っての通り、相手とネットを挟んで対戦するスポーツです。ですから、多くの練習は相手が居る前提で練習することになるでしょう。しかし、サーブというのは、どんな相手であっても打つ人に100%依存するものです。ですからサーブが上達すれば、相手に関係なくより良いサーブを放つことができるようになるのです。だからこそ、サーブが武器の選手というのは、いつの時代であっても強いといえるでしょう。

自分に最適なサーブフォームをみつけよう

先ほどの内容とも若干重複しますが、サーブは最初から最後まで自分の中で完結できるショットです。ですから、ブレることのない自分のフォームを身につけることが上達に最も近いと言えるでしょう。自分のフォームが確立できれば、打球も安定し、ミスが少なくなります。それによって自信がついて更に強力なショットが打てるようになる…といった良いサイクルが生まれるのです。

プレッシャーに慣れる練習をしよう

サーブというのは2回失敗すると相手の得点になってしまうものですから、本番のゲームとなると非常に緊張する瞬間です。そのため、プレッシャーや緊張に弱い状態であったり、サーブそのものに自信がない状態でサーブを打つと普段の練習では問題なくても失敗の可能性がグンと上がってしまいます。そのため、どれだけプレッシャーのかかった状態であっても入れることができるくらいに普段の練習の1球ごとに緊張感を持つことが大切と言えるでしょう。

入れるためのサーブも意識する

どれほど練習しても、例えトップのテニスプロであってもサーブミスはありますし、ましてやアマチュアであればセカンドサーブをファーストサーブ同様力いっぱい打っても、ダブルフォルトになってしまう可能性が高まってしまうでしょう。そのため、多少威力や球速が遅くなってしまっても必ず入れることができるサーブというのも意識することもまた大切といえるでしょう。

ボールの高さを安定させよう

サーブをする際のボールの高さをなんとなくその日の気分で決めてしまっているようでは、いくら練習してもうまくなりません。もちろん自分が得意な高さを探すために試行錯誤するために色々試してみるのは大切ですが、ゲームの中ですらバラバラになってしまうようでは、サーブの質もバラバラになってしまうでしょう。それくらいサーブのトス、球を上げる高さというのは非常に重要なポイントであるといえます。フォームを決めることとも重なりますが、自分の中でサーブが打ちやすい高さというのを探してみましょう。

相手を動かすことを意識する

どんなに早いサーブであっても、相手の目の前に打った場合、よほど強力なサーブでない限り返されてしまうでしょう。ですからサーブは相手を初手で動かすための物であると考えて、様々なコースに打つことが出来るようになることが望ましいといえます。そのため、サーブの練習の際はコートであれば色々な場所にうったり、壁が相手であれば壁の様々な箇所に狙って打てるように練習するようにすることも大切です。

家でもサーブの練習はできる

テニスラケットとボールがなくてもサーブの練習は行うことができます。たとえば、トスの高さを整える練習であればボールひとつあれば簡単に行うことができますし、家の中であってもラケットを振り回さずとも、タオルの方端を持ち、鋭く振りぬく練習はできるでしょう。また、家の中でのそういった練習は、鏡を使っても行うことができるため、自分のフォームを実際に自分の目で見て確認できるという意味でも非常に効果が高いと言えます。自主トレを頑張ろうと思った方はこのような練習も効率よく取り入れてみると良いでしょう。

実際の練習量が一番大切

もちろん理解をした上で練習をしなければ意味はありませんが、ラリーなどの練習と比べるとサーブの練習というのは、これほど重要なショットであるにも関わらず、どうしても量が少なくなりがちではないでしょうか。自分なりのフォームやトスの高さなどを見つけることができたら、とにかく練習あるのみです。その練習量が結局のところ自信につながり、本番でも動じることのない確固たるサーブやテニスのプレーにつながるでしょう。

強力なサーブはゲームを優位に運ぶ

サーブを制する選手はテニスを制すると言っても過言ではありません。たかがサーブと高をくくらずに練習に取り組むことが勝率アップに繋がるかもしれませんよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます