日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニスの4大大会?グランドスラムって?

錦織選手の活躍でテニスに興味を持った方も多いでしょうが、そんな方は4大大会とはそもそもなんなのか知らないという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はテニスの4大大会やグランドスラムについて説明していきます。

テニスの4大大会?グランドスラムって?

グランドスラム・4大大会とは?

グランドスラムとは、国際テニス連盟が定める4大大会を指す規格の名称のことをいいます。4大大会とは、全豪オープン・全仏オープン・全英オープン・全米オープンの4つの大会のことをいい、独自の文化や歴史を持っています。コートや気候、ルールも違ったものであるためグランドスラムの制覇は非常に難しく、テニスプレイヤーの行き着く最終目標の一つと言えるでしょう。今回はその4大大会をそれぞれ紹介していきます。

4大大会1 全豪オープン

全豪オープンは4大大会で唯一南半球で開催されている大会です。開催は1月末から2月はじめで、オーストラリアでは真夏にあたります。そのため「エクストリーム・ヒート・ポリシー」と呼ばれる外気温が35度を上回るか、湿球黒球温度が28度を上まわると、試合が延期になるルールがあります。使用コートは、世界で一般的に普及しているコートであるハードコートで、身体への負担が大きく、暑さや時差、季節差など様々な要因でヨーロッパ選手達にとっては特に制覇が難しい大会であるとされています。

4大大会2 全仏オープン

全仏オープンは5月末から6月はじめにかけて行われます。番狂わせが多く上位シード選手の早期敗退が多いため、「ローラン・ギャロスには魔物が住んでいる」ともいわれています。使用されるコートはクレーコートで、機動力を活かして相手を追い込むテニスプレーが有利であるとされています。また、フランス文化を尊重するため、全仏オープンでは点数が全てフランス語で読み上げられるというルールが定められています。

4大大会3 全英オープン

全英オープンはウィンブルドンとも呼ばれており、6月末から7月はじめに開催されています。グラスコートと呼ばれる天然芝のコートが使用されており、他のコートに比べて繊細な変化が生じやすく、弾速が早くなる特徴があります。また、選手は必ず白いテニスウェアを着用するよう義務付けられており、試合中だけでなく練習中までも白のウェアを着用することとなります。その理由は「紳士だから」らしいです。汗のついた色のシャツは、汗をかいているのがわかってしまい紳士でないとのこと。

4大大会4 全米オープン

観客動員数、賞金総額ともに世界最大のテニストーナメントとしてしられる全米オープンは、8月末から9月はじめにかけて開催されます。使用コートはハードコートで、全豪オープンのハードコートに比べて球速が早いのが特徴です。ルールの特徴はなんといってもファイナルセットのタイブレーク方式で、ファイナルセットである第5セットも、6対6になった際、2ポイント差がつくまでゲームを継続するタイブレークを使用することで、最終セットまでもつれた試合には必ずといっていいほど、ドラマチックな展開を見ることができます。

一人の選手が同年の4大大会を制覇すること

また「グランドスラム」という言葉には、大会の規格そのものの他に、その年の4大大会を全て制覇したプレイヤーに贈られる世界最高のプレイヤーの称号でもあります。これを達成した人物は、深い歴史のある4大大会であっても、シングルスでは過去に5人しかおらず、それだけに非常に難しいことであることがわかりますね。男子シングルスでは1969年以降、女子シングルスでは1988年以降達成されていない偉業であり、現在の世界ランキング1位であるノバク・ジョコビッチ選手や、生ける伝説であるロジャー・フェデラー選手ですら達成できていません。

ちなみに錦織選手が準優勝したのは?

2014年に錦織選手が後一歩でグランドスラムタイトル獲得とされた大会がありましたが、あれは全米オープンです。惜しくもチリッチ選手に破れましたが素晴らしい戦績と試合を見せてくれましたね。

フェデラー選手は記録更新中

先ほど生ける伝説と紹介したロジャー・フェデラー選手選手は2016年1月22日現在4大大会で通算300勝をあげ、男子史上初となる快挙を達成しています。予選通過すら難しいと言われる大会でこの成績を残せるほどの実力は圧倒的と言えますね。

テニス観戦がもっと楽しくなる

このように4大大会のことを知っておくと、テニスを観ることがさらに楽しくなるでしょう。今年のグランドスラム大会はこういった細かい部分にも注目してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます