日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニスのタイブレーク

今大人気のスポーツとなっているテニスですがよく分からないという人も多いでしょう。テニスではタイブレークに持ち込むと試合が長時間になってしまうということもあります。タイブレークにはどういう時に突入するのでしょうか。

テニスのタイブレーク

テニスのスコアは他とは少し違う

テニスのスコアは他の球技とは少し違っていて簡単ではないのでわかりにくいかもしれません。どちらかというとバレーボールと似ているでしょう。それでもバレーよりも少し得点がややこしいです。テニスにおいて重要なのは相手に2ポイント差をつけるということです。

テニスのスコアは1点じゃない

タイブレークの説明をする前にまずテニスのスコアの呼び名からです。コートにボールが入り相手がうちかえせなかった場合自分の得点となるのですが得点をゲットした場合普通の競技であればサッカーや野球のように1点となりますよね。しかしテニスでは15、30、40、試合終了となります。つまり1ゲームで4ポイントを取った方が勝利となる仕組みです。

単に4ポイントとれば良いだけじゃない

先に4ポイントとれば良いというものではテニスはありません。テニスで重要なのは2ポイント差です。もしお互いに40対40つまり3ポイントどうしで並んでしまった場合はデュースと呼ばれそこからどちらかが2ポイント差をつけるまで試合が行われます。ここで差がついて初めてそのゲームを勝利したということになります。

何ゲームとれば試合に勝てる?

大会によってゲーム数が変わりますが基本的にテニスは6ゲームを1セットとし3セットか5セットで行われます。つまり先に述べた4ポイント先取の試合を1ゲームとしてそれをまず6ゲーム勝利したほうが1セット得ることができ多くのセットを取ったほうが勝ちというようになります。3セットマッチであれば6ゲームを相手より先に3回とれば初めてその試合に勝利することができ、5ゲームマッチなら相手より先に5回とれば初めて試合に勝利することができるのです。簡単に言えばこういうことなのですがその中にまたさらに2ポイント差が鍵になるルールが存在しているのです。

6ゲームの中でのルールがある

1セット6ゲーム先取ということは説明しましたがこのゲームの中でもルールが存在します。それがタイブレークです。タイブレークはもしお互いが拮抗して6対5のゲーム数になった場合そのセットは先に6ゲームとって人ではなく先に2ゲーム差をつけた人の物になるというルールです。つまり相手に2ゲーム差をつけなければそのセットを取ることができないのです。

タイブレークになったらどうなるの?

先に述べてようにタイブレークに入るとどちらかが2ゲーム差をつけるまでずっと試合が行われます。よって試合が長時間に及んでしまうのです。集中力をずっと保っていられるかが重要になってきます。さらにタイブレーク中のゲームでデュースに入って決着がなかなかつかないということもあるので試合時間は全くわからないものとなるのがテニスの特徴でもあります。

試合中の栄養補給も大事

このようにタイブレークに突入することも予想しなければいけないテニスでは試合中の栄養補給もとても重要になってきます。すぐにエネルギーになるようなバナナなどの果物や栄養剤のゼリーなどを試合中に口にすることがよく見かけられます。これから何時間試合をするのかわからないのですから当然といえば当然の光景ですね。

テニスの試合時間はどのくらい?

試合時間が全く予想できないスポーツであるテニスですが平均的な試合時間は3セットの場合は2時間ほどでしょう。おそらくほとんどの球技が平均してそのくらいですから集中力を保つのに最適な時間なのかもしれません。しかしサッカーの延長や野球の延長戦とはちがくテニスは延長戦であるタイブレークに突入すると試合時間は他の球技とは比べものにならないものになってきます。さらに日没になるとその日の試合は中断ということもあるので数日にわたって試合が行われることもあります。それにより試合時間は6時間や7時間になってきます。選手同士もここまできたら負けたくないという気持ちでさらに試合が延びていくのです。

球技で異彩を放つテニスのルール

他の球技とはまったく違う得点の方法やゲームの先取の仕方であるテニスですが一度覚えてしまえばそこまで複雑なものではありません。他と違ったルールなので試合時間が長く、極限の戦いなど他の球技とは少し違った楽しみ方も出来るのがテニスです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます