日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

パーティードレスが安いのはレンタルか購入か?

結婚式などのパーティーに招待された時に、真っ先に必要になるドレス。少しでも安いものを購入したいですね。安いパーティードレスを購入する方法、またパーティードレスのレンタル情報についてまとめました。

パーティードレスが安いのはレンタルか購入か?

パーティードレスの相場はどれくらい?

パーティードレスは安いものは1万円~、ブランドやデザイン・素材にこだわったものは何十万円と高額になります。パーティーの時しか着ない、普段はクローゼットの中にしまっておくパーティードレスにそんなにお金をかけたくない、という人はバーゲンなどが狙い目です。

リサイクルショップのパーティードレス

パーティードレスは意外にリサイクルショップにもあります。掘り出し物でブランドのものが売っている場合もあります。価格も安いのはもちろんですが、新品同様のもの、新品未使用のものもあるのでリサイクルショップを訪れてみてはいかがですか?

パーティードレスの安い時期はあるの?

普段着る洋服にバーゲンがあるように、パーティードレスにもバーゲンがあります。また、在庫一掃セールやシーズン売り尽くしセールでも安く購入できます。冬用のものは冬の終わり頃、夏用のものは夏の終わり頃です。またノースリーブのワンピースを購入して、ボレロやショールで春夏秋冬の季節に対応することも一つの方法です。

レンタルの安いパーティードレス

インターネットに掲載しているレンタル衣装のお店では、様々な価格帯のパーティードレスがあります。ドレスだけではなく、ドレスに合わせたパンプスやバッグなどもあります。購入するよりも安いドレスが沢山あり、サイズ展開も幅広いので安心です。レンタル衣装を検索してみてはいかがですか?

レンタルドレスを汚してしまった場合

レンタルドレスの価格はクリーニング代が含まれた値段になっています。なので汚れてしまった場合でも安心です。しかし、ドレスを破いてしまった、故意的に大部分を汚してしまった場合は追加料金が取られるので、レンタルドレスは優しく丁寧に扱いましょう。

安いシンプルなワンピースを購入する

バーゲンなどのセールで無地のシンプルなワンピースを購入します。あとはスワロフスキーやビーズ、スパンコール、レースなどをワンピースの首回りや裾、裾に縫い付けます。デザインはインターネットや書籍などで調べたパーティードレスを参考にしましょう。装飾を自分ですることで安くパーティードレスが仕上がります。

安い生地を買って手作りに挑戦する

裁縫が得意な人、また裁縫の初心者の人でも書籍を購入して手作りドレスに挑戦してみてはいかがですか?生地はセールの時を利用するとサテンなどのパーティードレスによく使用される生地が安く購入できます。また。手作りをすることでビーズなどのパーツをこだわることもできて、自分のサイズや雰囲気にピッタリのものができあがります。

自分にあったパーティードレスを着て

安く購入したパーティードレスでも自分自身の雰囲気やサイズが合っていれば誰も安いとは思いません。リサイクルショップやバーゲンの情報をチェックして、パーティードレスをお買い得に購入しましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます