日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

必見!バーベキューで失敗しないための持ち物

バーベキューは、ただ野外で焼き物をするだけに見えますが、持ち物の準備があってこそなのです。そこで、楽しくバーベキューを行うために、鉄板や網、コンロ以外に用意しておく持ち物についてご紹介します!

必見!バーベキューで失敗しないための持ち物

バーベキュー!あると盛り上がる持ち物

野外で行うのがバーベキューですから、自然の景観を楽しむこともバーベキューの魅力の1つです。が、しかし、天気の良いアウトドアは女性にとって大敵の紫外線が!女性に配慮してバーベキューを行うのでしたら、持ち物の中にテントかタープを加えておきましょう。子どものいるファミリー中心なら、テント!大人だけならならタープがおすすめです!

バーベキュー!持ち物には座れるものを

バーベキューというと、立ったままでのイメージがありますが、さすがにずっと立ちっぱなしというのは疲れます。どんな場所でも座れるスペースを作るための持ち物!それがキャンピングマットです。持ち運びも簡単ですから、使う使わないは別として、持参しておくと便利な持ち物です。

バーベキュー!持ち物には、これも

バーベキューにはコンロ、網、鉄板は必ず必要で、これらは現地でレンタルすることもできます。これに加えて、食材を並べたり、下ごしらえをするためのテーブルがあると便利です。持ち物に、折り畳み式のキャンプテーブルセットを加えておくと便利です。イスは、参加者それぞれが折り畳みチェアを持参するように、連絡しておくのもいいでしょう。

バーベキュー!飲み物のための持ち物

これまで、バーベキューをするにあたって、よりよい環境にするための持ち物を紹介してきました。ところでバーベキューというと、春から秋にかけての陽射しに恵まれたシーズンでのイベントですから、冷たい飲み物があれば、より盛り上がること間違いありません。そこでクーラーボックス!車輪と取ってのついているカートタイプがおすすめです。

バーべキュー!安全のための持ち物

夏場のバーベキューで最も注意しなくてはいけないのは、食中毒です!用意していた肉が腐っていたのでは、お話になりません。ましてや気づかずに食べてしまうようなこととは、あってはならないことです。そこで、前述したクーラーボックスとの組合せて、氷や保冷剤を持ち物に加えておきましょう。

バーベキュー!焼く時の持ち物

実際にバーベキューを行う時に必要な持ち物として、まず、火を起こすための着火剤や点火用ライターです。それから焼いている時、やけどを防ぐための耐熱性のある手袋です。よく、軍手を使う方を見かけますが、引火の危険があるので、必ず耐熱性が保証されている手袋を使ってください。あと、食材をつかむトングもあわせてご用意を!これ、思った以上に重要な持ち物ですよ。

バーベキュー!撤収のための持ち物

環境にやさしいバーベキューを行いましょう!ということで、持ち物にはゴミ袋はマストです!それからバーベキューの終わりで、けっこう手間なのは火の始末です。ことに木炭を燃やしてのバーベキューの場合、ガスのスイッチを切るように簡単に火は消えません。ずっと燃え続けます。そこで、火消しつぼです!木炭の火の始末が簡単です。素早く撤収するために、とても頼りになる持ち物です。

バーベキューで便利な持ち物って?

バーベキューで便利な持ち物には、テントやタープ、キャンプマット、キャンピングテーブルなどの環境作りから、クーラーボックスと保冷剤、安全に焼くための耐熱手袋とトング、撤収のためのゴミ袋や火消しつぼなど、さまざまあります。 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます