日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハロウィンの知られざる起源

ハロウィンの起源についてご存じですか?日本でも近年イベントとして定着したハロウィンには、あまり知られていない起源があります。どのようにして、どこの国でハロウィンが発祥したのかを知っておきましょう!

ハロウィンの知られざる起源

ハロウィンは魔除けだった

ハロウィンの起源はどこにあるのでしょうか。実は、ハロウィンは北欧のアイルランド地方に起源があります。昔々、アイルランドにはケルト民族と呼ばれる人達が暮らしていた頃のことです。ケルト民族は10月の末を季節の変わり目としていました。夏が10月までで、11月には冬が始まります。

10月31日は「季節の変わり目」

ハロウィンが10月31日なのも、ケルト民族にとっての「季節の節目」であることが起源になります。ケルト民族にとっては10月31日は大変重要な意味があったのです。季節の変わる時期は時空が歪んでしまうと信じられていたのです。その時には恐ろしい魔女、死者の霊が現れます。

仮装の起源は「魔除けの儀式」

その魔女のような悪魔や死者の霊が自分たちに悪さをしないようになんとかしなければなりません。そこでケルトの人たちは考えました。「自分たちがもっと強く怖そうなら寄ってこないのでは?」と。そこで、彼らは、お化けもびっくり仰天の仮装をするようになりました。これがハロウィンの仮装の起源です。

夜は暗くして過ごすのがケルト流

ハロウィンの時にはお化けに襲われてはいけませんから、ケルトの人たちは家の灯りを最小限にしました。そこで役に立ったのが「ルタバガ」。カブで出来たランタンです。カブをくり抜いて灯りを灯したランタンで明るさを保ったんですね。

ジャック・オ・ランタンがカボチャの理由

しかし、ハロウィンの「ジャック・オ・ランタン」と言えば、カボチャじゃないの?と思う人もいるかもしれません。そう、あの大きなカボチャは実はケルト由来ではないのです。アメリカへアイルランド人が移民した頃に、アメリカで多く見られるカボチャで作ったものが広まりました。

「トリック・オア・トリート」とは?

ハロウィンで子どもたちは近所にお菓子をもらいにいきますよね。この「トリック・オア・トリート」とはなんでしょうか。「トリック・オア・トリート」は「お菓子をくれなければいたずらしちゃうぞ!」という、いわば「脅し」ですが、これは先述のお化けや魔女に扮しています。そして、お菓子をあげて満足して帰ってもらいます。

お菓子をあげる意味は「厄除け」

トリック・オア・トリートの儀式、これは日本で言う「厄除け」のようなものかもしれません。悪いことが起きないように、こちらから十分なものを与えるのです。日本の行事で言えば「なまはげ」のようなものでしょうか。お化けや精霊がいることを信じていたケルトの人たちは、日常的にもちょっとした良いことがあれば「エルフのおかげ」とされ、お礼のためにミルクを置くような習慣があったのです。日本にもなんとなく馴染むような風習ですよね。

ハロウィンは魔除けの儀式

いかがでしたでしょうか。ハロウィンは魔除けの儀式だったということがわかりましたね。ケルト地方は現在で言えばアイルランド、スコットランド地方になります。そう、日本と同じく島国ですから、独特の文化にもなにか通じるものがあるのかもしれませんね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます