日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハロウィンに手作りしたいものはコレ!買うより楽しい手作りグッズ

街中を飾るハロウィングッズ。素敵だけどイベントにかけるお値段にしてはちょっと高め?手作りするならコストを抑えながらもっとハロウィンを楽しめるはずです。アイデア勝負の手作りハロウィングッズをご紹介します。

ハロウィンに手作りしたいものはコレ!買うより楽しい手作りグッズ

ハロウィンにはぴったりランタン

家の前にランタンを置いておくだけで「ハロウィンに参加してますよ」という意思表示になります。筒形のガラスビンの口周りにアルミワイヤーを一周巻き、端は巻き付けて切ります。そのワイヤーの左右に渡るように持ち手を別のアルミワイヤーで付けます。ガラスビンの胴体はアクリル絵の具やガラス絵の具で描きます。ビンの中はLEDの炎ライトを入れます。

仮装の衣装も手作りがいい スカート編

魔女のスカートはウェストサイズにパンツのゴムを一周して輪を作ります。黒いオーガンジーを幅10㎝と長さは丈の倍にしてたくさん切ります。この二つに折ったオーガンジ―の輪部分をゴムにかけて、2本の端を輪から出します。一周すれば自分サイズの手作りスカートになります。布はチュールレースを使っても可愛いです。大人なら黒いスカートの上にオーバースカートにすると問題なしです。

仮装の衣装も手作りがいい マント編

ややハリのある大きな黒い布の端をひと折りして縫います。中にひもを通して出来上がり。マントの生地はフェルトやサテンが合いますよ。フェルトならマントの裾を張れますし、サテンは風になびくことでしょう。後ろにはジャックオランタンの顔を切って貼りつけましょう。

べっこうあめを配ろう

仮装した子どもたちが家に来たら、手作りべっこうあめで驚かせましょう。手作りなら簡単。大さじ5杯の砂糖と大さじ1杯の水を小鍋入れて火にかけます。砂糖が溶けてやや黄色いアメになったらすぐに火を止めます。クッキングシートの上に500円玉サイズに垂らします。固まる前にオレンジや紫の製菓用トッピング散らします。おいしくてキラキラきれいなべっこうあめ、時代は変わっても子どもは大好きです。

ハロウィンパーティで手作りアイデア

ハロウィンパーティをするなら家のあちこちを手作りで飾りつけしましょう。玄関には紙皿と黒い厚紙で大きな2つの目を貼ります。マスキングテープをまず真一文字に貼ったら縦にクロスさせて5本短くテープを貼るとドアからビックリ!フランケンの口に。トイレのフタの裏には黒いマスキングテープで同じように顔を貼ります。ボトルやグラスは包帯を巻いて包帯男のように。使い捨て手袋に小さなお菓子を詰めて爪には赤いマジックを塗ると魔女の手になります。

ハロウィンはお祭りだけど

ハロウィンは若者たちの派手な仮装と交通渋滞を起こすほど盛り上がっています。海外の方からすると日本人らしくないほどクレイジーだとか。でも、これからは夜の街で遊ぶより、ホームパーティでゲストをびっくりさせる仕掛けを考えるのもすごく楽しいですよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます