日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニスがもたらす英語力アップの秘密

日本のプロテニスプレーヤーがテレビで流暢な英語を話すのは今や当たり前。テニスってプレーするだけで英語力は上がるの?プロからアマチュアまで昨今のテニスの英語事情に迫ってみました。

テニスがもたらす英語力アップの秘密

日本人プロテニスプレーヤーの英語力

テニスに比べて、サッカー野球では海外のクラブに移籍する日本人のプロ選手が最近増えていますね。しかし、最初は勿論、英語はほとんど話せず現地でプレーしながら語学も学ぶ選手がほとんどで、行ってからも記者会見で話せるレベルなる選手はほとんどいません。その点、テニスは人数では劣るものの、世界で活躍した松岡修造さん、杉山愛さん、伊達公子選手や錦織圭選手の英語のレベルはかなりのもの。これは、勿論本人の努力もありながら、外国人コーチとのマンツーマンでのやりとりや、日本語通訳を雇わない独自の事情などが理由であると考えられます。テニスでプロを目指すと語学力という副産物も得られるのかもしれませんね。

アマチュアプレーヤーの英語

盛んな国に負けず劣らず、日本もテニスの競技人口が多い国の一つです。日本でやってる分には英語なんて必要ないでしょと思われがちですが、実はそうとも言い切れません。日本に滞在している外国人も数多くテニスコートを利用しており、一緒にプレーする日本人プレーヤーは多少なり英会話のスキルが求められます。勿論、日本語でやりとりする場合もありますが、テニスには他のスポーツと比べ外国人と交流する機会が圧倒的に多い為、英会話の勉強を兼ねてテニスコートへ、なんていうことも可能なんです。

世界で読まれているテニス漫画

あの錦織圭選手も小さい頃に夢中で読んでいたというテニス漫画「テニスの王子様」。主人公が英語が話せるということでも世界を意識した世界観になっていますが、この漫画は実際にテニスが盛んな国々やアジア各国も含めた世界中で大人気になっているヒット作品なのです。ということは勿論、英語版が存在するわけで、それを読むことにより、テニスの物語も楽しめ、英語の勉強にもなるという一石二鳥の優れ漫画。これだ、と思う方は一巻だけでも試し読みしてみてはいかがですか。

テニスはテニス、英語は英語で。

テニスと英語の関連性をみていくと、テニスをやることで英語も上達する、という都合の良いことはどうやら無さそうです。むしろ、プロを目指す人は、英語もプロになる一つの重要な要素として捉え、努力を重ねています。”努力に勝る天才なし”テニスにも英語にも言えることですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます