日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

何を着ていけばいい!?バーベキュー服装の注意点

楽しいバーベキューに行くこととなり、食べ物などの準備が忙しいかと思いますが、服装の準備は済んでますか。普段のお出かけとはちょっと違うバーベキューの服装、その注意点を見ていきましょう。

何を着ていけばいい!?バーベキュー服装の注意点

髪の毛は縛るか、帽子をかぶってまとめる

食べる時や調理する時に、髪の毛が長い人はどうしていますか。
まとめずにそのまましておくと、食材についたり火が燃え移って危険な場合がありますし、衛生面での問題が生じることもあります。
そのようなことも考えて、髪の毛は縛っておくか、帽子をかぶって散らばらないようにまとめておきたいですね。

体毛が見えないような服装を!

これは男性によくあることでしょうが、パンツやシャツから体毛が見えてしまうことはありませんか。
半袖やハーフパンツだと、パンツやTシャツから体毛が見えてしまい清潔感、安全性両面で問題が生じることもあります。
そうしたことを避けるためにも、体毛が見えないような服装をしていきましょう。

汗染みしないインナーを着よう!

長い時間バーベキューをしていて汗をかくのはよくありますが、着ているTシャツの汗染みが目立つと印象は良くありません。
汗をかくのは仕方ないので、速乾性があり染みを目立たなくする色のインナーを下に着ておくと、清潔感、印象ともに良くなります。
Tシャツやインナーは、数枚の着替えを持っておけば更に良いでしょう。

通気性の良い靴下を履いていこう

長時間靴を履いていると、靴下が蒸れてしまい悪臭を放つことも。
蒸れたからと言ってなかなか靴下を変えられない場合もあるので、靴下は通気性が良く、長時間の使用に耐えられるものを準備しておくように。

日差し対策はばっちりですか?

バーベキューで気になるのが、日差しに当たること。長い時間外にいると日光を浴びることも多く、紫外線が気になる人には重大な問題です。
そうした場合には「UVカットカーディガン」を準備しておくと良いです。見た目と紫外線対策の両方バッチリでき、
種類も黒などのベーシックからカラフルなカラーまで様々あるので、チェックしておいて損はありません。
帽子については、ツバの長いものの方が日差しのカットに適しているので、覚えておきましょう。

楽しむ準備は整いましたか?

開放的な環境で思い切り楽しむバーベキューは最高のものですが、楽しむためには、しっかりした服装の準備が重要です。
服装をバッチリすることで体調も整えられ、清潔に楽しむことができるので、服装の準備は抜かりなく行っていきたいですね。それでは楽しいバーベキューを!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます