日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

要チェック!バドミントン上達への知識

バドミントンの上達のためには、ただ練習を繰り返せばいいというわけでもありません。バドミントンの用具から練習の基本を、知識として身につけた上での練習こそ、上達の早道なのです!

要チェック!バドミントン上達への知識

バドミントン上達は、ラケット選びから!

自分にあったラケット選びこそ、バドミントン上達の秘訣の1つです。重いラケットは球威のある打球を返せますが、初心者の場合、振りやすい、軽めのラケットが基本です。フレームとシャフトの硬いラケットは上級者にとって、打球のコントロールに最適!逆に初心者には手首とひじに負担が大きくなります。ガットの張りも、初心者には20ポンドが基準ですし、ラケットのバランスも初心者はグリップ側にあるトップライトがおすすめです。

準備運動からのバドミントン上達!

どんなスポーツでも、どれだけ身体能力を最大限に引き出せるかに上達のポイントはあります。それはバドミントンにしてもです。身体能力の発揮には準備運動で、いかに身体をほぐすかです。腕や指、脚、足の指に至るまで、伸ばして、曲げて、ほぐす。全身をバネのように動かす。バドミントン上達は準備運動からなのです!

素振りはバドミントン上達の基本!

バドミントン上達の基本中の基本は、正しいフォームを身につけることにあります。そのためには、正しいフォームでの素振りの練習は欠かせません。ただ、素振りをすれば上達するというわけではありません。あくまで、正しい素振り!鏡に向かっての素振りもそうですし、ビデオカメラで撮影しながらのフォームチェックもバドミントン上達のテクニックの1つです!

バドミントン上達はシャトルの打ち方に?

前述した素振りチェックで正しいフォームを身につけたのなら、次はシャトルの打ち方チェックです。シンプルな練習方法ではありますが、フォアハンドでシャトルを上に向けてラケットで打ち続けます。低い位置から高い位置まで、繰り返します。さらにバックハンドからも同じように!あくまで、正しいフォームで行うのがバドミントン上達のポイントです!

バドミントン上達は、構え方から?

バドミントンの構えですが、試合での立ち位置での姿勢にあります。位置としては、コートの中心、ショートサービスのラインよりもやや後方!構え方としては、両肩よりも広めに、ラケットを立てて脚を広げます。それから膝を前に傾げて、全体に、やや前のめりになってダッシュしやすいポーズを!打ち返すごとに、このポーズに戻すことが、上達のポイントなのです!

サービスがバドミントン上達の要!

バドミントンのサービスですが、腰から高いポジションからシャトルを打つことは禁止されています!ここがテニスとの違いです。腰より下からのサービスということは、テニスのサービスのような激しい勢いのものは打てないということです。この制約の中でのサービスは、いかに相手が打ち返しにくくするかにあります。コートの奥ギリギリや、ネットすれすれ狙いが上達の基本のサービスです!

バドミントン上達は、狙いどころにあり!

狙いどころとは、バドミントンの試合でのショットを打ちこむテクニックです!シングルスの上達のためには、つまりは試合で勝つためには、コーナーの4隅のギリギリを狙ってのコントロールにあります。基本は相手のプレイを研究して、相手が打ち返しにくいポイントを狙って打ちこむのです!

バドミントン上達のために!!

バドミントンの上達は、ラケットの選び方から、正しいフォームを身につけるための練習など、プレイするのための、正しい知識も重要となのです!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます