日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハロウィンって本当はいつなの?

年々大きな盛り上がりをみせているハロウィン。正式にはいつ、何のための行事なのでしょうか?ハロウィンの起源や日本の行事との類似点をご紹介します。いつの間にか浸透しているハロウィンの知識を深めましょう。

ハロウィンって本当はいつなの?

毎年決まって10月31日

ハロウィンは10月の最後の日、10月31日になります。これは毎年変わりません。
ハロウィンをお祭りの日ととらえるならば皆が休日の土日と重なると助かりますね。
かぼちゃのジャックオーランタンを飾り、魔女やお化けの仮装をした子どもが「トリックオアトリート」と家のドアを叩くという風習は何を意味するのかとても気になりますね。
ではハロウィンはなぜ10月31日になったのでしょうか。

始めたのはケルト人だった

ハロウィンの始まりは古代ケルト人のお祭りであると言われています。10月の最後の日は夏の終わりを意味すると同時に、11月になる冬の始まりと考えられています。また11月は「死者の月」死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。ちょうど日本のお盆のようですね。そしてこの頃、人々にいたずらをする精霊や魔女もやってくるため、それらから身を守る仮面をかぶって、魔よけの焚火をする習慣がありました。この魔よけの焚火がジャックオランタンの始まりと言われています。

ヨーロッパからアメリカへ

実りの秋の収穫を祝い、悪い精霊を追い払う季節の行事であったハロウィン。ヨーロッパのケルト人から、いつごろアメリカのお祭りになったのでしょう。アメリカの年鑑には19世紀初頭には祝祭日として記録されています。ヨーロッパからの移民がアメリカに渡り、内輪の行事として行っていたハロウィンが20世紀になるとアメリカ各地でお祭りとして受け入れられて広まったようです。

キリスト教の祭りではない

さてハロウィンとはどんな意味の言葉なのでしょう。これは11月1日が聖者(Hallow)の日であり、聖者の日の前夜(Halloween)という意味があります。ケルト人が一年の終わりとしていた10月31日。この日は大晦日でありお盆であり、収穫を祝い厄払いをして新しい年を迎えるための宗教的な行事でありました。いつの間にかキリスト教カトリックの祭りハロウィンと思われていますが、正確にはドゥルイド教を信仰するケルト人の習慣でした。現在でもキリスト教ではハロウィンについて静観から批判的な意見までさまざまです。

日本人にもなじみのある考え方

悪霊の厄払いが現在のような楽しいお祭りとして残ったのは、ハロウィンには世界の人が共感するような考え方があったからだと思われます。日本でもお盆があるように死者の霊を色々な形で思いだし弔う心は国を越えて人の心にあるのでしょう。実は日本にもハロウィンとそっくりな習慣があるのです。北海道では子供たちが「ろうそくだせ、ださないといたずらするぞ」という意味の歌を歌いながら各家を回ってお菓子や小さなろうそくをもらいます。

ハロウィンの起源を知ろう

仮装パーティとなりがちなハロウィンですが、いつどのようにして始まったのか起源を知っていくことも大切ですね。遠い国のことだと思っていたら、日本人の心にもハロウィン的なものがあったという驚きがあります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます