日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ピクニック用のバスケットには何が入ってるの?

ピクニック用にバスケットを買ってみたいけど、そもそも何が入ってるのか気になりますよね。そこで今回は、ピクニック用のバスケットにどのようなものが入っているのかをご紹介したいと思います!

ピクニック用のバスケットには何が入ってるの?

これがないと食べられない!「食器」

ピクニックの料理を食べるためには食器が必要です。ピクニック用バスケットには食器が一緒についていたりするものですが、自分でバスケットのみを購入した場合は食器を用意する必要があります。主な食器としては、プレート(平皿)、ナイフ、フォーク、スプーンなどになります。これらの収納スペースがあるものはピクニック用のバスケットとして使えますね!収納場所は主にバスケットのフタ部分にベルトなどで取り付けられていることが多いようです。食事の後に綺麗に持ち帰ることができるように、食器を軽く洗ったり、洗えない場合はキッチンペーパー等で拭き取る準備をしておくと良いでしょう。

料理を入れるためのタッパー

ピクニックの料理を入れるためにタッパーがついていることが多いのもピクニック用バスケットの特徴です。もし付属していない場合は自分で購入しましょう。二人前ならば大きいタッパー2つくらいに料理を入れて持っていくのがちょうどいい量と言えるでしょう。柔らかい料理などもタッパーに入れておけば、上から色々なものを重ねても潰れることがないので安心です。ソースなどの水分の多い料理も持ち歩くことが出来ます。

マグカップ、ワイングラス

ピクニックでは軽くお酒を呑んだりするのも楽しいものです。外国製の本格的なピクニックバスケットにはほぼ必ずワイングラスがついています。ワインボトル用の保冷カバーなどもついているほどですので、海外ではピクニックでワインを嗜むことがよくあるのでしょうね。ワイングラスはなくとも、マグカップなどは必ず用意したいもの。耐熱性の素材であれば温かいスープなどを飲むのにも使えますよ!

魔法瓶やまな板がついていることも

バスケットに魔法瓶がついていたり、魔法瓶やワインボトルなどが収納できるスペースが設けられていることもあります。自家製のハーブティーなどを魔法瓶に注いで持っていくのもおしゃれで良いですよね。また、小さめのまな板とナイフがついているものもあります。例えばりんごなどのフルーツを剥いたり、ワイン用のチーズを切り分けたりするのに使えそうです。

ナプキンやバスケットを覆うカバー

バスケットには入れ物としての役割だけではなく、ピクニックで食事をする時の簡易テーブルとしての役割もあります。そのため、バスケット自体にかける布のカバーや、食事のこぼれから洋服を守るためのナプキンなども付属していることがあります。これらは持ち運びの際にはバスケットの中でクッションの役割にもなります。

意外と色々入っていた!

いかがでしたでしょうか。きちんと設計されたバスケットセットは隙間なく色々なものが入っています。バスケットだけ購入して自分でグッズを揃える際には参考にしてみてくださいね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます