日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

プールで感染!?夏に子供たちを苦しめる症状の予防と対策

夏に子供たちを苦しめる「プール熱」という病気をご存知でしょうか。
症状が悪化すると肺炎などにも繋がる夏風邪の一種、しっかり予防をして感染を防ぎましょう。ここではプール熱の主な症状と予防、治療法などをご紹介していきます。

プールで感染!?夏に子供たちを苦しめる症状の予防と対策

【プール熱の主な症状】

プール熱(咽頭結膜熱)は感染してから4〜5日で発症します。38〜40℃の高熱が一週間近く続いたり、喉の腫れや結膜炎を起こすのが主な症状。喉の腫れが酷ければ扁桃腺炎になったり、結膜炎で目が真っ赤に晴れたりします。が、発熱と喉の腫れと結膜炎は感染したからといって全症状が現れるわけではありません。
他にも腹痛や下痢、咳などの症状がでることも。
基本的には予後のいい病気ですが肺炎など重症化するケースもあるので、決して軽くみてはいけません。

【プール熱の予防方法】

プール熱は6月から徐々に増加して7・8月にピークを迎え、10月頃まで流行する感染症。原因となるアデノウィルスは一年中活動しているので、夏以外に流行することもあります。
幼児から学童が感染しやすく、塩素濃度が不十分なプールなどでの感染が多く報告されています。アデノウィルスはプール以外でもくしゃみや咳による飛沫、食器の共有や手を介した接触でも感染します。
予防の基本は手洗い、うがい、消毒です。流行時期にはタオルや食器、洗面器などの共有は避け、万が一家庭内で感染者が出た場合はアルコール消毒を十分に行って感染を防ぎましょう。

【プール熱の治療方法】

プール熱に効果的な治療薬やワクチンはありません。対症療法が主で、発症した場合は熱が下がるのを待つのみです。
発症中は脱水症状を起こしやすいので要注意。喉が腫れて食事をとるのが辛ければ、ビタミンを含んだゼリーなどから栄養をとるようにしましょう。

感染するのは子供ばかりじゃない

子供が感染することの多いプール熱ですが、大人は絶対に感染しないわけではありません。
大人が感染する場合はプール熱を発症した子供から親へ感染するケースが主です。大人がプール熱に感染した場合の症状はインフルエンザに似たものだったり、頭痛や腹痛、倦怠感、喉の腫れなど。子供よりは症状が軽い傾向にあります。

治ってからも注意が必要!

症状が消えてからも2〜3日はウィルスを排出し続けている状態にあります。学校保健法では主要症状が消えてからも2日間は原則出席停止となっているので、良くなったからといって登校させないように注意しましょう。
家庭内でも同様、症状が消えてから数日間は引き続き消毒を徹底してウィルス感染を防ぎましょう。

「もしや」と思ったら、すぐ病院へ

単なる夏風邪と思って風邪薬を飲んで放置していると、アッと言う間にウィルスが拡散されてしまいます。「もしや」と思ったらすぐに病院へ行きましょう。
プールは子供たちにとって夏の楽しみ。家族や友達とプールへ出かけた後は予防を徹底して感染しないように注意しましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

プールカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする

人気記事ランキング