日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

フットサルのルールを知って楽しもう

フットサルはサッカーと違うルールがあり、それは独特のルールとなっています。サッカーよりも狭いコートで行うフットサルはそのルールをしっかりと把握して楽しみましょう。

フットサルのルールを知って楽しもう

フットサルには4秒ルール

フットサルには、4秒ルールがあります。この4秒ルールというのは、ボールがタッチラインから出てボールをコートの中にいれる際に、4秒以内でキックインしないといけないというルールです。この反則を犯してしまうと、相手ボールからのキックインが与えられてしまいます。4秒という中でパスを出す判断力が必要になってきます。

スローインと違ってキックイン

サッカーでは、タッチラインを割ると手を使ってスローインからインプレーとなりますが、フットサルではキックインを行います。ボールを足でキックし、コートの中に蹴り入れます。コーナーキックは、サッカーと同じでキックインとなっていますが、コートが狭い分正確なキックが要求されるのがフットサルとなっています。

バックパスってどんなルール

フットサル特有のルールとして、ゴレイロというキーパーポジションから、出たボールは相手競技者に触れない間に、再度ゴレイロにボールを返してしまうとバックパスになります。以前は、ハーフコートを超えるとゴレイロに返せていましたが、ルール改正によって変更されました。

フットサルは交代は何回でも可能

フットサルの交代は、ベンチ前にある交代ゾーンから何度も交代が可能です。サッカーでは、一度交代するとその試合では交代した選手は出場出来ません。しかしフットサルでは、何度も試合に出られます。ただ、切り返しが多く、スピードも要求される為に、フル出場する選手は少なく、短い時間でパフォーマンスを向上させることを優先することが大切になってきます。

ゴールキックが存在しない

サッカーのキーパーが行うゴールキックはありません。フットサルでは、ゴールクリアランスといって、ゴレイロが手で投げるところからスタートします。ゴールクリアランスの際もゴレイロは4秒以内にボールを放さなければなりません。

5ファウルルールが存在している

サッカーと違うルールとしては、5ファウルもあります。これは、フィールド内で行われたファウルが5つ加算されると、6つ目以降はペナルティが与えられてしまうというルールです。前半と後半でそのカウントはリセットされる為、プレーヤーは常にファウルを意識しておく必要もあります。

5ファウル後は第2PK

5ファウルを犯してしまったら、6つ目以降は第2PKというフリーキックが与えられます。10mの位置にセットされたボールをゴールにシュートします。PKなので入る確立も非常に高くなっています。シューターが有利には変りはないので、5ファウルには注意しましょう。大会によっては、ローカルルールでそのカウントが3つになっていたりしますが、正規ルールは5ファウルとなっています。

フットサルルールを勉強しよう

サッカーとよく似ていますが、その競技としては全くの別ものと考えておいた方がいいくらいにルールも違います。そのルールを沢山知ることで、フットサルを楽しくすることが可能になってきます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます