日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ボルダリングで覚えておきたいテクニック

屋内の人工壁や天然の岩を登るボルダリングが流行っています。ボルダリングは力まかせに岩を登るだけではなく、様々なテクニックがあります。ボルダリングの初心者が覚えておきたいテクニックをわかりやすくまとめてみました。

ボルダリングで覚えておきたいテクニック

登り方の基本は「腕で登らないこと」

ボルダリングの具体的なテクニックに入る前に、基本をおさえておきましょう。ボルダリングの基本は「腕で登らない」ということです。壁面を登るというとどうしても腕の力で登っていくイメージがあると思いますが、ボルダリングの映像を見ていると、腕は伸びた状態をキープしていることに気づくと思います。腕は支えるために使い、体のひねりや脚の力で登っていくのがクライミングの基本になります。

初心者は正対上りをマスターしよう

初心者がボルダリングで必ず抑えたいテクニックが「正対上り」です。正対上りとはその字のまま、壁面に対して正対して登っていくテクニックです。コツとしては両足をしっかり踏ん張った状態から次の一手を出していくことになります。片足だけしか安定していない状態で手を伸ばすと不安定になり、落下してしまうことがあるからです。まずは両足をしっかり足場に安定させ、片手を伸ばします。身体をなるべく壁面に引き寄せてから次の一手を出していきます。

ダイアゴナルでラクに登る

正対上りは基本中の基本ですが、腕の曲げ伸ばしが頻繁に生じるので疲れやすいのがネックです。そこで「ダイアゴナル」というテクニックを使います。ダイアゴナルでは基本的に腕を伸ばした状態をキープします。そして身体の大きな筋肉である体側の筋肉を使い、身体をひねりながら次のホールドを狙っていきます。この時のポイントとしては、対角線を意識した動きをすることです。例えば左手を左上に伸ばしてホールドを掴んだら、次に右足から次のホールドに足をかけていくようにします。この時には腕はなるべく伸ばした状態を維持して、腕の筋力をなるべく温存しましょう。

アウトサイドフラッギングで安定させる

ダイアゴナルなどで登っていて手を伸ばした時、上手く体が安定せずに身体の片方がフラーっと扉のように開いてしまうことがあります。よくある光景ですし、この状態ではもう落下するしかないように思えますよね。そんな時に使えるテクニックが「アウトサイドフラッギング」です。これは、宙に浮いてしまった足を体の後ろ側からクロスさせて、反対側への支え棒にするというテクニックです。手順としては、片手を離す前に離す側の足でアウトサイドフラッギングを行い、片手を離してもホールドしている手、足とフラッギングの足の三点でバランスが取れるようにします。そうすることで、不安定な足場であっても次のホールドを狙うことが出来るようになります。

疲れないためのテクニックを身につけよう

いかがでしたでしょうか。ボルダリングではなるべく体力を残して登るためのテクニックが多くあり、これを身につけることが初心者の課題となるでしょう。最初のうちはなかなか難しい動きもありますが、少しずつ覚えていくことでラクにどんどん登れるようになりますよ!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます