日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

身体を壊さないマラソンの練習が必要!失敗しないマラソン練習

マラソンの一番大変なことは持続していくことです。大会になると長い距離を走り続けることが求められますし、走れる為に練習を継続していくことも大事になります。その為には、身体を壊さないマラソンの練習が必要です。

身体を壊さないマラソンの練習が必要!失敗しないマラソン練習

身体作りがマラソンでは大事

マラソンを続けていくには、とにかく練習を続けていける肉体が大事になります。食事や睡眠の管理はかなり大事になって来る事でしょう。炭水化物を多めに摂取して、睡眠も十分にとりましょう。ダイエット等を目標に走る人も食事を抜いて走るようなことは避けましょう。

マラソンの練習前に目標を!

マラソンを続けていくには目先の目標を立ててみるのも良いでしょう。例としては「マラソン大会に出てみる」というのも立派な目標です。走る理由は人それぞれだと思いますが、目標が決まっていればマラソンの練習もやりやすくなるでしょう。

マラソンは腿で走る練習を

マラソンは短距離走と使う筋肉が違います。長い距離を走るには、脚全体を使って走る必要が出てきます。また、疲れにくい筋肉を使うのも大事です。マラソンでは、脹脛の筋肉でなく腿の筋肉を使います。練習では、腿の筋力アップを目指しましょう。

体幹を鍛える練習もマラソンでは大事

マラソンではバランス感覚も大事です。正しいフォームを維持しながら走る事ができないと、スタミナを消費するばかりで、直ぐにバテてしまいます。正しいフォームを維持し続ける為にも“体幹トレーニング”を取り入れましょう。

音楽を聴いての練習も効果的

マラソンはリズム良く走ることが大事です。音楽を聴きながら走る事で、疲れが軽減されます。また、一定のペースで走るのにも効果的です。音楽は聴きながら走る事で様々な効果があります。是非、トレーニングの際は音楽を取り入れましょう。

着地の練習でマラソンは上達する

長く走るには着地も練習する必要があります。短距離走のような全力疾走はつま先で着地して、つま先で地面を蹴るように走ります。一方、マラソンは踵辺りで着地して足裏全体を使って地面を蹴ります。つま先着地や足の裏着地をしてしまうと、疲れやすい走りになってしまいます。着地も大事であることを覚えておきましょう。

ペースを守った練習が絶対不可欠

マラソンではペースを守る事が非常に大事になってきます。これは、レース中だけでなく練習でも同じ事が言えます。上達を急ぎ過ぎて、オーバーワークをしてしまっては身体の故障に繋がりかねません。目標に向かって練習をすることは大事ですが、無理のない練習スケジュールを組みましょう。次の日に疲れを残さないことも大事です。

マラソンで必要な練習とは

マラソンのような過酷なスポーツを行うには、心身ともに健康であることが不可欠です。まずは、日常生活の見直しから始めましょう。それが出来てから、腿を使った走り、足裏全体を使った走りを練習しましょう。もちろん、上記で述べたように音楽を聴くことも効果的です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます