日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

どのように選んだらいい?マラソンのウェアはこう選ぶ!

マラソンを始める際にはどのようなウェアで始めるべきかに悩みますよね。本格的なウェアはちょっと恥ずかしいと思う方もいるかもしません。しかしながら、マラソンではウェアやシューズなどは必ず適切なものを選ぶ必要があるんです。

どのように選んだらいい?マラソンのウェアはこう選ぶ!

走る時に身体に起きることを考える

マラソンなどの長距離ランを行う時にはどのような身体の状態になるかをイメージしてみましょう。心拍数が上昇して大量に汗をかきますよね。汗は身体を冷やすためにかくものですので、汗を書くような運動をする時は身体の熱を逃がしてやる必要があります。この観点でウェアを選ぶことが大切です。

ウェアの機能:吸水性

では、マラソンウェアに求められる機能とは何でしょうか?まずは「吸水性」です。吸水性の高いウェアは、汗がずっと身体にまとわりついて不快な思いをすることなく、マラソンに集中することが出来ます。吸水性が低いウェアを着ている場合は汗が気になってランに集中できなくなってしまいます。

ウェアの機能:速乾性

次に大切なのは「速乾性」です。速乾性が大切になる理由は何でしょうか?それは「汗による冷えを適切に抑えること」と、「ウェアに水分を吸わせないこと」にあります。汗は体温を調節するためにかくものですが、例えば冬場のマラソンなどでは、汗をそのままにしておくと過冷却されてしまい、体調を崩してしまいます。特に冬場のマラソンウェアには速乾性がとても重要です。また、速乾性の高いウェアは、汗を吸ってから乾くまでが早いため、ウェアが水分を吸って重くなってしまうことを防ぎます。

ウェアの機能:通気性

マラソンウェアは「通気性」も大変重要な要素になります。まず通気性が良ければ汗を必要以上にかくことはありません。走る時の風を通して身体の表面が冷却されるからです。水泳が何故長時間続けられるか?と言えば、水によって常に身体が冷やされ、心拍数が上がらないからです。汗をかくためにも体力を使いますので、汗をかかないで同じ量の運動が出来たほうが良いわけです。身体の熱処理のためにも通気性の良いウェアを選びましょう。

ウェアの機能:UVカット

ウェアにはUV(紫外線)カットの機能があるものもあります。これは主に素材によるものです。マラソンのウェアはここまでの吸水性、速乾性、通気性の面で化学繊維であるポリエステルが使われる事が多いです。そしてポリエステルにはUVカットをする性質があります。紫外線は過度に浴びると人体に有害であると言われていますので、長時間の屋外活動になるマラソンではUVカットのウェアを選ぶことが大切になります。

ウェアの機能:防臭性

マラソンウェアで見落としがちなのが「防臭性」です。汗を大量にかくマラソンでは、長時間汗をかいたウェアを着っぱなしになります。雑菌が繁殖しやすい環境になるのです。洗濯してもなかなか臭いが取れなくなったりしたら、モチベーションも下がってしまいますよね。常に良い気持ちで走り続けるためにも、防臭加工のされたウェアを選ぶようにしたいものです。

ボトムスの種類は3種類

ボトムスは3種類に大別できます。「パンツ」はショート丈から冬場も使えるロングまで様々な丈のものがあり、男女問わず使えます。シルエットを隠してくれるので気持ち的にも安心です。「タイツ」タイプのものは、マラソンでの大敵になる関節部への不可を低減させるものなどがあります。「スカート」は女性ランナー向けのファッション性の高いアイテム。タイツなどと合わせて利用することでオシャレに体型を隠すことが出来ます。

ウェアをよく考えてマラソンに挑もう!

いかがでしたでしょうか。マラソンウェアの快適さが違えば、そこに意識する労力も変わります。良いウェアを着用すれば疲れにくくなり、マラソンの結果も更に良くなるでしょう。是非、ウェアはこだわって選んでくださいね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます