日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ラグビーのルールはこうだ!初心者でも分かるラグビーの分かりやすい解説

ラグビーは見ている人には分かりにくいスポーツかもしれません。しかし、基本的なルールが分かるならば、ラグビーはそれ程難しいスポーツではありません。今回は初心者でも分かるラグビーのルールをお知らせします。

ラグビーのルールはこうだ!初心者でも分かるラグビーの分かりやすい解説

そもそもラクビーとはどういうスポーツか

ラクビーとはどのようなスポーツなのかということを理解すると、難しく感じるラクビーのルールが分りやすくなります。楽日とは基本的に陣取りゲームであるということを理解するのは大切なことです。一つのボールをめぐり、二つのチームがボールを奪い合い、相手の陣地に攻めるのがラグビーです。相手チームのどこへ目掛けて行くのかというと、それはインゴールと呼ばれるところです。そこにトライをすることによって得点が入ります。これがラグビーの基本的なルールです。

ラグビーのボールはどのように扱うか

ラグビーボールの扱い方ですが、サッカーなら基本的に足でボールを運びます。ラグビーも足を使ってボールを扱うことがありますが、基本的には手でボールを運びます。といっても、基本的にボールをパスで回しながら運ぶというのがラグビーのスタイルになります。

ラグビーのボールはどのように扱うか

ラグビーボールの扱い方ですが、サッカーなら基本的に足でボールを運びます。ラグビーも足を使ってボールを扱うことがありますが、基本的には手でボールを運びます。といっても、基本的にボールをパスで回しながら運ぶというのがラグビーのスタイルになります。ですが、このパス回しについて注意が必要です。ラグビーはボールを前に投げてはいけないことになっています。もしボールを前方にパスすると反則になります。

ラグビーの得点方法について

ラグビーはトライをすると得点になります。このトライですが、インゴールの地点で行うものです。トライはプレイヤーがボールを持った状態で行なわなければなりません。インゴールでボールが手から離れた状態で、ボールが地面に触れたとしてもゴールは認められません。このトライによって得られる得点は5点になります。また、トライを決めた後に、与えられるゴールキックをコンバージョンゴールと言いますが、このコンバージョンゴールが入りますと得点が2点与えられます。また、ペナルティゴールというものもありますが、これは相手陣地内で相手が反則を犯した時に与えられることがあります。この得点は3点となります。

ラグビーの試合時間は何時間か

ラグビーの試合時間は前半40分、後半40分の合計80分ハーフとなります。前半と後半の間にハーフタイムという休憩時間が設けられますが、この時間は10分となります。これは大学生以上の場合です。高校生は30分ハーフです。

ルールが分かれば面白い

ラグビーはルールさえ分かるならば、本当に面白いスポーツです。そして熱くなることのできるスポーツです。この面白いスポーツを楽しみませんか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます