日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

焦らずゆっくり始めよう!幼児にオススメしたいランニングバイク

「ランニングバイク」を知っていますか?簡単に言うと、“ペダルの付いてない自転車”です。ペダルを使わずに、自分の脚でランニングするようにランニングバイクを動かします。親子で楽しめること間違い無し!

焦らずゆっくり始めよう!幼児にオススメしたいランニングバイク

子供用?ランニングバイクって?

大人の方などは、ランニングバイクの存在を知らない人も多いかもしれません。それもそのはず!ランニングバイクは、数年前にアメリカから輸入されることになったばかりです。“2歳児でも乗れる”ランニングバイクは、ここ数年で一気に流行りだしました。

ランニングバイクの魅力とは

ランニングバイクは、脚で地面を蹴りながら進みます。この動作は、2歳児が普通に歩く感覚とあまり変わりません。色々と難しい事を教えることなく、直感的に子供達は乗りこなすことでしょう。また、足が地面に着いていることで、子供も恐怖心を感じることはありませんし、傍で見ている大人も安心して遊ばせることができます。

ランニングバイクなら2歳でレースにでれる

ランニングバイクで注目して欲しいのが「2歳からレースに出場できる」ことです。今では、日本中で頻繁に2歳児から参加できるレースが開催されています。もちろん、アツくなり過ぎる必要はありません。子供が成長できるように、楽しいレースを体験させてみましょう。

早く走るだけじゃないランニングバイク

レースで早く走るだけがランニングバイクではありません。ランニングバイク上級者ともなれば、大人顔負けのトリックだってカッコよく決めることが出来るかも?!ジャンプや、サドルの上に乗ったり、と色々な技があります。同時にバランス感覚を鍛えることも出来るので、一般的な自転車へのステップアップにもなります。

ランニングバイクの注意点

とにかく普通の自転車に比べて、安全性が高いのがオススメポイントではありますが、バイクであることには変わりありません。子供さんが乗る場合には、ヘルメットとサポーターはしっかり装着させましょう。転んで痛い思いをしてしまうと、せっかくの楽しい時間が台無しです。安全対策をしっかりおこなってください。

ランニングバイクのブレーキ

ランニングバイクでのブレーキの掛け方は、「地面に足を着いて止まる」ことです。ハンドル部分にブレーキが付いているランニングバイクもありますが、2歳児の場合、手で十分なブレーキをかけるには、握力が足りない事が殆どです。「足で進んで、足で止まる」。まずは、この基本動作を覚えさせましょう。

ランニングバイクからステップアップ

ランニングバイクが上手くなってきたら、いよいよ本当の自転車に挑戦です。ランニングバイクは、ペダルを後付け出来るのも特徴です。子供さんの成長に合わせて、ステップアップできるので、わざわざ自転車を買いなおす必要はありません。最終的に自転車に乗れるようになる為に、ランニングバイクからスタートさせる親も多いようです。もちろん、自転車に乗れるようになれば、ハンドル部分にあるハンドブレーキも教えてあげてください。

ランニングバイクは2歳から遊べる!

ランニングバイクで遊ぶ子供たちの顔を見ていると全員が笑顔いっぱいです。2歳児でも直感的な感覚で乗りこなせるランニングバイクが今流行ってます!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます