日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大晦日にはどんな英語が使われているの?

大晦日には様々な英語を聞く機会でもあります。また年賀状に書く英語を事前に調べる人も多いのではないでしょうか。大晦日に使われる英語、英文について簡単にまとめました。

大晦日にはどんな英語が使われているの?

大晦日に使う定番の英語と言えば?

大晦日に使う定番の英語と言えば「Happy New Year」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。実際に年賀状に使用する場合もありますね。また、「良いお年を」は「Have a happy new yeay」と言います。英語は少し変わるだけで意味も変わってきます。

「大晦日」は英語でなんて言うの?

大晦日は英語で「New Year’s Eve」と言います。また1月1日のことは「New Year’s Day」です。New Yearの前後に単語を組み合わせるだけで、お正月に関連した単語の意味になります。英語が苦手な人は、一つの単語から派生して英語を覚えていくと英語が覚えやすくなります。

大晦日は一年の最後の日

先ほど大晦日は「New Year’s Eve」といいましたが、一年の最後の日という意味では「The last day of the year」ともいいます。英語には簡単な言い方から少し難しい言い方まで様々です。英語の意味と日本語の意味を交互に見ながら覚えていきましょう。

大晦日にお参りする神社に関係する英語

神社は英語でshrineといいます。ちなみにお寺はtempleです。神社に初詣に行った時に使用する英語は、おみくじやお守りではないでしょうか。おみくじ、お守り、そして破魔矢などは、そのままローマ字読みをします。日本独自の文化のものについては、ローマ字表記がほとんどなので、親しみやすいですね。

初詣は英語でなんていうの?

大晦日と言えば初詣、初詣を英語でなんと表現するか知っていますか?The first temple and shrine visit of the New Year.です単語と違って、少し長文になりますね。しかし、一つ一つの単語を見てみると知っている単語が多くありませんか?知っている単語を組み合わせていくことで少しずつ長い英語が話せるようになります。

書籍やインターネットで検索してみよう

受験で必須科目である英語は、小学校でも導入されつつあります。また書籍でも初めての英会話等、英語が苦手な人でも分かりやすいものが多いです。インターネット等でも検索することができるので、大晦日をきっかけに英語学習を始めてみてはいかがですか?

大晦日に思い切って外国に行ってみる

タイムズスクエアのカウントダウンなど、海外でも大晦日をお祝いする国がほとんどです。思い切って日本ではなく海外で大晦日を過ごしてみてはいかがですか?一人では不安な人は友達や家族と一緒にツアーに参加するのも良いでしょう。本場の英語に触れることで英語が更に上達しますよ。

大晦日だからこそ英語を使ってみよう!

Happy New Yearなど、大晦日に使用する英語は簡単な物が多く一度は聞いたことがあるものばかりです。英語が上達するコツはとにかく英語で話しをして英語に慣れることです。簡単な英語を積極的に使用して英語を上達させてみませんか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます