日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大人女子向け!忘年会にぴったりの服装とは?

大人の女性にとって、忘年会の服装は悩ましいもの。年齢を感じさせない服装をしたい一方で、若作りに見えてもいけません。忘年会だからといって派手すぎる印象の服装を選んでしまって周囲から引かれてしまわないように気をつけましょう。

大人女子向け!忘年会にぴったりの服装とは?

アクセサリーの選び方に注意

大人の女性は、お洋服はごくオーソドックスなものにしておいて、アクセサリーで流行を取り入れると無駄なくオシャレな感じになります。でも、あまりに大ぶりで目立ちすぎるアクセは逆効果。カラーや質感を素朴なものにすると良いでしょう。

ファーは毛足短かめが無難

毎年、冬になって忘年会の季節になると流行するファーアイテム。女性の優しい雰囲気を出してくれるのでとても使い勝手の良い素材ですが、大人の女性にとっては難易度が少し高め。ファーの毛足が短かめで、質感がなめらかであればシックにキマります。

フリルやリボンは控えめに

忘年会などのパーティー仕様ともなると、フリルがたくさんついたデザインのブラウスや、リボンモチーフ付きのワンピースが着たくなります。でも、大人の女性に似合う服装はというと、子どもっぽいデザインはNG。もし、取り入れるなら、ごく控えめなものをチョイスしましょう。

レースやチュール素材は要注意

レース素材やチュール素材は、忘年会の服装にぴったりのような印象ですが、じつはとても難しい素材です。レースにしてもチュールにしても、メッシュ加工のものがほとんどですから、透け感は否めません。大人の女性の服装としては、透けすぎるお洋服は不似合い。季節感も大切なので、いくら流行しているといってもチュール素材などは気をつけたいものです。袖だけレース素材であるなど、部分づかいなら良いですね。

ジャケットの着こなし方

大人になると、すこしかしこまった席での忘年会も増えます。すると、ジャケットを着用していく場面も自ずと多くなりますよね。そこで、注意したいのがジャケットの着こなしです。ジャケットは着慣れていないと、まるでお洋服に着られているような雰囲気にもなり、とても不格好な印象に。解決策としては、腕をたくし上げて、インに着用したシャツをチラ見せしたり、襟を少し立ててみるなどして、こなれ感を出しましょう。

メタリック素材はほどほどに

シルバーメタルが流行しています。大人の女性の服装にも、小物で取り入れる人が多くなってきていて、ベルトや靴などがたくさん出回っています。メタルものは、1点投入するだけで十分です。たくさん用いればいいというものではありません。ただでさえ目立ちますので、大人っぽく着こなすには、例えばクラッチバッグとして1つだけ取り入れるなどしてごく控えめにまとまりをもたせましょう。

流行を追いすぎないこと

忘年会だということで、張り切りすぎてしまうと、自分の服装がどういう印象を周囲に与えるかということに考えが至らなくなってしまいます。だから、できるだけ冷静に客観的な視線で、自分のコーディネートを見直してみましょう。流行からかけ離れていても古臭い印象になってしまいますし、逆に全身を流行アイテムで埋め尽くしたら、押し付けがましい印象になってしまいます。

バランスの良さこそが大切

大人の女性としての、忘年会に最適な服装は、オーソドックスなお洋服をベースに、少しだけ流行を取り入れたアクセサリーをプラスして、ほどよくバランスをとることが大切です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます