日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

成人式に着る振袖についてのまとめ

20歳の記念日で一生に一度の成人式、どんな振袖を着るか決まりましたか?赤や黄色など様々なカラーの振袖があって迷ってしまいますね。成人式の振袖についてまとめました。

成人式に着る振袖についてのまとめ

成人式の振袖の定番カラー

成人式の振袖で一番多い色が赤系の色ではないでしょうか。赤をベースに、金色などの刺繍を施された振袖を想像する人も多いと思います。同じ赤色でも淡い赤色から濃い赤色、朱色に近い赤色など様々です。自分の雰囲気に合った赤を選らびましょう。

顔が小さく見える黒色の振袖

黒色の振袖は小顔効果があります。また全体的に細く見える効果があるので痩せて見せたい人におすすめです。黒色の振袖の場合は、髪をカラーリングしたり、髪飾りを大振りの物を使用するなど、小物に華やかな色を取り入れることで明るい雰囲気も取り入れられます。

落ち着いた雰囲気を醸し出す青色の振袖

青色の振袖は落ち着いた雰囲気にさせてくれます。また濃い青色は刺繍も映えるのでより豪華に見えます。20歳となり、大人の仲間入りをした記念に落ち着いた青色の振袖も着てみてはいかがですか?

成人式の振袖にも流行がある

流行が無さそうで振袖にも流行があります。刺繍などの柄、ラメやラインストーンを施したものなどその年によって様々です。流行の振袖を着たいという人はレンタルを利用することがおすすめです。レンタルは素材や柄によって金額が異なるので、予算にあった振袖を探しましょう。

振袖を選ぶ時は家族や友達と一緒に

振袖を選ぶ時は、一人ではなく家族や友達と一緒に選らぶことをおすすめします。自分の気に入ったものを選ぶのも良いですが、気に入ったものと自分の雰囲気に合うものが違う場合もあります。客観的に判断してくれる人と一緒にカタログを見ながら選びましょう。

成人式で着る振袖に必要な小物は?

紐や足袋など振袖に必要な小物は、呉服店などに行けば全て購入することができます。レンタルの人は小物も全てレンタルすることができます。また、痩せている人は着付けの時にフェイスタオルを数枚用意しておきましょう。ウェストに巻いて着付けをします。その他必用なものがある場合はあらかじめ確認をしておきましょう。

振袖の上に羽織るショール

ショールは振袖をより華やかにするだけではなく寒さ対策にもなります。ショールにもフワフワの毛足の長いものから短いもの、カラーも白色からクリーム系のもの、素材もアクリルのものから本物の毛を使用しているものなど様々です。振袖の色と合わせてショールも選びましょう。

成人式を華やかに引き立てる振袖

振袖は、赤色や黒色、青色など様々なカラーがあり刺繍も様々です。また振袖にも毎年流行があるので流行のものが着たい人はレンタルがおすすめです。お友達と一緒にレンタル振袖を選ぶのも良いですね。一生に一度の成人式をお気に入りの振袖、または自分の雰囲気に合った振袖で楽しみましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます