日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

一度は行ってみたい!関西のハイキングスポット。

山や木々の間をひたすら歩いて自然を肌で感じられるのがハイキングの良さですね。今回は関西の一度は行ってみたいハイキングスポットをご紹介。関西の人も以外の人も必見です。

一度は行ってみたい!関西のハイキングスポット。

関西ハイキングスポット⑤

奈良が誇るもう一つの山は吉野山(よしのやま)です。山全体が世界遺産として登録されているこの山の魅力はなんといっても山桜です。シロヤマザクラを含めた3万本(200種類)の桜が山の至るところに咲き乱れ、その美しさについつい足を止めてしまいます。夜はライトアップされまた違った花見ハイキングを楽しむことができますが、登山時間4時間半の間多くの時間この桜を眺めることができ、全国どこの花見スポットとも違う良さを味わうことができます。大和葛城山のツツジのピンクと吉野山の桜のピンク、見比べられたらとても贅沢ですね。

関西ハイキングスポット⑥

奈良から山をもう一つ。冬登山で有名な三峰山(みつみねさん)です。夏の白ツツジや秋は紅葉もありますが、この山はなんといっても冬の霧氷まつりが最高です。室生赤目青山国定公園に指定されているこの山では関西地方ではあまり見られない霧氷を見ることができます。山頂の八丁平から見るキラキラと光る霧氷の眺めは日本有数の雪景色です。ただし冬はアイゼンの着用が必要ですし、車も必ず冬装備をお願いします。

関西ハイキングスポット⑦

和歌山からは瀞峡をご紹介します。他とは違い歩いていると断崖から綺麗な渓谷が顔を覗かせ、潤い豊かな景色に一気に心が癒されます。紅葉の時期には赤々とした木々と優雅な水野流れが相まって現実とは思えないほどの世界観を味わうことができます。勿論、ウォータージェット船で渓谷を下から見上げることもでき、ハイキングではなくても違う角度から楽しめます。ちなみに瀞峡は北山川からの上流より奥瀞・下瀞に別れ、下瀞では珍しい奇形の岩を見ることができ瀞八丁(どろはっちょう)とも呼ばれています。

春夏秋冬、関西だけで充実のハイキング

関西だけでこれだけのハイキングスポットが、そう思った方も多いのではないでしょうか。春は桜を、夏にかけては渓谷、秋に紅葉、冬には霧氷。関西だけでオールシーズンでハイキングを楽しむことができるのです。関西を知らずして無駄に遠出する必要はありませんね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます