日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのワールドカップってどんな大会?

ワールドカップといえば、サッカーの大会が有名かと思いますが、バスケットボールにもワールドカップが存在するのです。
ではバスケのワールドカップとはどのような大会なのでしょうか。歴史などについて見ていきましょう。

バスケのワールドカップってどんな大会?

日本代表の出場回数、成績は

バスケットボール日本代表は、1963年の初出場を含めこれまで4回出場しています。
しかしその成績を振り返ってみると1963年-13位、1967年-11位、1998年-14位、2006年-20位と目立った成績は残せていません。そして2006年以降は、出場自体できていない状態が続いています。

日本でワールドカップ放送体制は?

ワールドカップの放送については、1998年大会は衛星放送の「WOWOW」、2006年大会は地上波はTBS、衛星放送はスカイパーフェクTV!で放送されました。
その後はJ SPORTS、2013年からはフジテレビNEXTが放送していますが、契約が4年であるため次回2019年大会時にどこで放送されるかは未定です。

2014年大会はNBA選手最多出場

2014年大会は、世界最高峰NBAチーム所属の選手が45人も出場したことでも話題に。
それまでの最多記録が2010年大会の44人だったので、これまでの最多記録を更新したことになったのです。
出場選手の国籍を見てみてもスペインやフランス、ブラジルと幅広い国の選手が参加しており、ここからバスケが世界的なスポーツであることがわかります。

チケットはどのようにして入手する?

チケットについては、ホームページ上で入手することが可能です。
チケットの入手方法はいくつかあり、好きなチームの試合を全試合見るパターン、
チーム関係なく多くの試合を見るパターン、特定の1試合だけ観戦するパターン、自分で見たい試合をいくつか指定するパターンがあります。
自分の観戦したいパターンを知ってから、チケット購入を進めていったほうがいいです。

世界のスターたちのプレーを楽しむ

NBAのスター選手など、世界中のトッププレーヤーが集う4年に1度の祭典。なかなか見に行くことはできないものですから、チャンスがあればぜひ見に行ってはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます