日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

格好良く決めろ!バドミントンのスマッシュを打つための練習方法

ズバッと決まるスマッシュ。バドミントン競技での見せ場ですね。これを格好良く決めるにはどんな練習をしたら良いのか…。悩めるバドミントンプレイヤーのための、スマッシュ練習法をご紹介。今日から毎日コツコツとした練習の参考に!

格好良く決めろ!バドミントンのスマッシュを打つための練習方法

スマッシュを最高打点で打つための練習とは

バドミントンのコーチや周辺に練習仲間がいる場合は、彼らにお願いして自分のスマッシュ時のフォームをチェックしてもらいましょう。自分では気付かなかったようなクセが見つかるなど、貴重な意見が飛び出してくるかもしれません。最近ではスマートフォンで簡単に動画を撮影できますし、撮影をお願いしてみるのもひとつの手ですね。それが叶わない場合は、鏡やビデオを利用して自分の目でスマッシュフォームの確認を行いましょう。客観的な目線で物事を見る目はどんな競技でも重要な練習法と呼べるでしょう。

ステップ3:スマッシュとストリングの関係

バドミントンのスマッシュやショットには、技術面だけではなく道具の状態も大きく影響してきます。特にスマッシュへダイレクトに響いてくるのが『ストリングの張り』の状態。バドミントン競技を長年続けている場合は張り直しを度々行っている方もいますが、経験があまり長くは無い初心者レベルではなかなか気付きにくいもの。技術面ばかりに固執せず、一度自分の道具をチェックしてみましょう。相棒の手入れも上手くなる秘訣のひとつですよ。

スマッシュ上達のため張りっぱなしを防げ!

『張りっぱなしを防ぐ』…といっても、毎回頻繁に緩めるといった意味ではありません。
バドミントンラケットのストリングは消耗品。学生さんの場合でもシーズンごとに張りなおしを行うほどデリケートな部分なのです。また、季節によってもストリングの張りに違いが出てくる場合も。スマッシュのような速いショットはストリングの張りが強いほど、より強いショットへと繋がります。ストリングの状態次第でショットにブレが生じる場合もありますので、こまめにチェックしておくクセをつけておきましょう。

格好良さの裏側は地味な努力がいっぱい!

華やかにバドミントンの試合を決めるスマッシュは、試合中最大の見せ場。それを確実にものにするのはやはり、毎日の絶え間ない努力の結果なのです。バドミントンを始めてただがむしゃらにスマッシュの練習をするのではなく、地味な基礎練習や道具の手入れも忘れず念入りに行いましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます