日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

あなたはバッチリ?バドミントンの打ち方まとめ

バドミントンをするとき、打ち方は意識してしていますか。打ち方が決まっていれば、試合を有利に進められます。今回は「あなたはバッチリ?バドミントンの打ち方まとめ」ということで、バドミントンの打ち方を理解していきましょう。

あなたはバッチリ?バドミントンの打ち方まとめ

強烈な打球の打ち合い・ドライブ

ドライブは、ダブルスでよく使われるショットで、ネットすれすれの強い打球が飛び交うことが特徴です。相手の打ち方によって打つ方向を即座に判断する必要があるので、スイング動作が大きくなりすぎないようコンパクトにまとめて打っていきましょう。打球が浮かないよう、コントロールすることも大事です。

相手の届かない位置に打つ・ドリブンクリア

ドリブンクリアは、低い弾道で相手コートの遠い位置に打ち返すショットです。不利な状況での時間稼ぎの意味合いが強いハイクリアと違い、自分たちに有利な状況で打つショットで、打つポイントはハイクリアよりも平行、前目の位置にすることで、強く低いショットが打てます。狙う位置は相手コートのサイドギリギリを狙うと良いでしょう。相手の体勢を崩せますし、打ち返されても相手コートの空きを作ることができるので、自分たちに有利な展開にしやすくなります。

ネット際にポトリと落とす・ドロップ

ネット際にポトリと落とすショットは、ドロップと呼びます。打つときの体勢はスマッシュと同じような体勢で、打つ瞬間になったら力を抜き、シャトルを腕で押し出すような感覚で打っていきます。このときひじや手首は使わず、腕のみを使ってのショットになります。相手はドロップを打ち返すときネット前に出てくることになるので、相手コートの後ろのスペースを作り出すこともできます。相手に揺さぶりをかけるとき有効なショットです。

バドミントンの基本形・ハイクリア

最後に登場するのが、バドミントンの基本形と言えるハイクリア。自分たちが不利な試合状況で、体勢を整える時間を稼ぐときに使うショットです。時間稼ぎの意味合いが強いショットのため、試合で頻繁に使うショットではありません。しかし打つ数が少ない分確実に決めることが求められ、ハイクリアができることで有利な試合運びができることも多くあります。バドミントンの打ち方練習では一番最初に行われる打ち方であります。

打ち方を知って上達スピードを上げよう

バドミントンの打ち方を知れば上達スピードは上がりますし、試合の展開の読み方も変わります。本格的にプレーする人はもちろん、遊びでバドミントンをする人も,ぜひこの機会に打ち方を覚えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます