日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

いつだっけ?とはもう言わせない!ハロウィンの日にちを覚えよう!

日本でも知名度が上がってきたハロウィン。それが何月何日の行事なのか知っていますか?ハロウィンはちゃんと日にちが決まっていて、それには理由があるんですよ。今回はハロウィンの日にちについて勉強していきましょう!

いつだっけ?とはもう言わせない!ハロウィンの日にちを覚えよう!

イタリアのハロウィン

イタリアでもハロウィンの日にちは10月31日ですが、その日は翌日の「諸聖人の祝日」、翌々日の「死者の日」につながる日として、あまり重要には見られていません。
諸聖人の祝日とは聖人や殉教者たちへ祈りを捧げる日、死者の日とは日本のお盆のように死者の魂がこの世に戻ってくるとされる日です。死者の日にはお墓参りをし、花や贈り物を供えます。また、この日のみに食べられるお菓子や料理が各地方に伝えられていて、それを食べる伝統があります。

日本のハロウィンも海外と同じ日にち?

日本では現在、ハロウィンはどのようになっているのでしょうか。アメリカのように、かなり早い日にちから商業施設やアミューズメントパークでのキャンペーンが行われます。
ハロウィンパレードやパーティーも各地で行われますが、10月31日が平日の場合はその直前の日曜日などに行われていることが多いようです。皆さん仕事がありますものね。一方、ニュースでよく放送されているような、駅前に仮装した若者が集まってちょっとしたパーティーになっているようなものは、きちんと10月31日に行われているようです。都内の大きな駅や、大学の最寄り駅はかなりの騒ぎになるようですよ。

日本版ハロウィン?「お月見泥棒」

さて、日本のハロウィンでは「仮装をし、街を歩く」というところが大きくフィーチャーされている感がありますが、日本にも家々をまわって食べ物をもらうという風習をもつ地域があるのをご存知ですか?
それは「お月見泥棒」といいます。日にちは十五夜の夜。子どもたちが家々をまわり、お供えの食べ物を盗んでもいいというものです。昔は竿などを使って本当に盗んでいたようですが、現在では家々を回ってお菓子をもらうというハロウィンにそっくりの風習として残っています。

日にちを覚えて、ハロウィンに参加しよう

ハロウィンの日にちは各国共通ですが、その内容にはその国々のお国柄が出ているんですね。なんとなくハロウィンを過ごしていた方も、今年はぜひ、10月31日にパーティーを開いたり、パレードに参加してみては?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます