日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

そこが知りたい!ハロウィンの由来あれこれ

日本でも大々的に取り上げられ、参加する人も年々増えているハロウィン。その由来については知っていますか?今回はハロウィンに登場するさまざまなものの由来を追ってみました。読めばハロウィンがもっと楽しくなりますよ!

そこが知りたい!ハロウィンの由来あれこれ

ハロウィンパレードの由来は?

日本各地でも行われるようになった、ハロウィンの仮装パレード。これはおそらく、ニューヨークで行われる世界最大級のハロウィンパレード、「ニューヨーク・ヴィレッジ・ハロウィン・パレード」が由来でしょう。1974年に始まったこのパレードは、市民や観光客の他にもアーティストやダンサーなどのプロのパフォーマーたちも多数参加しています。東京ディズニーランドなどのアミューズメントパークでのパレードも少なからず影響しているのかもしれませんね。

日本のハロウィンの由来は?

1970年代にはすでに日本にもハロウィンの文化は持ち込まれていました。ハロウィンパレードなども行われたのですが、あまり浸透はしませんでした。そんな中1997年に東京ディズニーランドが初のハロウィンイベントを開催し、それが毎年規模を拡大しながら行われていく中で、少しずつ浸透していったようです。ちなみに1997年は、日本でも有名な川崎のハロウィンパレードが始まった年でもあります。

日本で「仮装」ばかりが広まった由来は?

日本では「仮装した子どもたちが家々をまわってお菓子をもらう」のではなく、「仮装した大人たちが街を練り歩く」イベントとして定着しつつあるハロウィン。なぜ仮装するのが大人になったのでしょうか。子どもたちが家々をまわるというのは防犯上のハードルが高かったということがあるのでしょう。また、子供は夜習い事や塾がありますし、大人も仕事があるので引率するのも大変ですよね。大人が仮装するということについては、日本ではアニメやゲームのコスプレが以前からありました。一部のコアなファンだけだったコスプレも近年は敷居が下がり、それがうまくハロウィン文化と噛み合って一般の人に浸透したというのが由来なのではないでしょうか。

ハロウィンの由来を知り、より楽しもう

ハロウィンにはさまよう悪霊を鎮め、死者の霊を弔うという日本のお盆のような由来がありました。現在の日本での楽しみ方も悪くはないのですが、着替えなどのマナー問題が浮上しているようです。ぜひマナーを守って、ハロウィンの夜を楽しんでくださいね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます